丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【英語】助動詞の慣用表現一覧【例文×覚え方】

【1】助動詞の慣用表現

パンダ君
パンダ君
今日は「助動詞の慣用表現」を解説していきましょう。

オオカミ君
オオカミ君
よろしくお願いします!

パンダ君
パンダ君
では、まずは、ざっと一覧で確認します。

1.cannot ~ too … 「(どんなに)~してもしすぎることはない」

2.cannot(help)but ~「~せずにはいられない」

3.may[might] well ~「たぶん~するだろう」、「~するのももっともだ」

4.may[might] as well ~ as …「…するくらいなら~するほうがましだ」

5.may[might] as well ~「~するほうがいいだろう」

6.would like to ~ 「~したい」

7.would like O to ~ 「Oに~して欲しい」

8.would rather ~ than …「…よりむしろ~したい」

9.would rather ~ 「むしろ~したい」

10.had better 「~するほうがよい」

11.have only to ~ 「~しさえすればいい」

12.dare say ~「おそらく~だろう」

13.How dare ~.「よくも~できるものだ」

14.Can[May]I〜?「〜してもいいですか?」

15.Will[Can]you〜?「〜してくれませんか?」

16.Would[Could]you〜?「(もしよろしければ)〜してくれませんか?」

17.Shall l〜?「(私が)〜しましょうか?」

18.Shall we〜?「(一緒に)〜しませんか?」

1.cannot ~ too … 「(どんなに)~してもしすぎることはない」

You cannot be too careful in driving a car.
「車を運転するときにどんなに注意深くしてもし過ぎることはない」

パンダ君
パンダ君
canは「できる」以外に「ありうる」って意味があるので、直訳すると、「注意し過ぎることはありえない」→「どんなに注意してもし過ぎることはない」ってなります。

オオカミ君
オオカミ君
なるほど!

2.cannot(help)but ~「~せずにはいられない」

I can’t help but cry whenever I watch the movie.
「その映画を見るたびに私は泣かずにはいられない」

パンダ君
パンダ君
同意表現に、cannot help doingがあります。ポイントは、〈but+原形〉で、〈help+doing〉です。

オオカミ君
オオカミ君
うん、まぎらわしいなぁ…。

パンダ君
パンダ君
覚え方は、butの前後は同類である必要があるので、helpが原形なのだから、butのうしろも原形って覚えると良いです。

オオカミ君
オオカミ君
なるほど!

パンダ君
パンダ君
また、cannot help doingの方。helpは目的語に人以外が来ると「避ける」って意味になります。よって、次の記事を参考にして欲しいけど、avoid「避ける」と同様に目的語にはdoingがきます。

【裏ワザ】動名詞とto不定詞の秒速判別法【by英語予備校講師】【1】動名詞とto不定詞の秒速判別法 結論からいきましょう。 ・動名詞のみとる動詞 原則:暗い動詞 例外:反復系...

3.may[might] well ~「たぶん~するだろう」、「~するのももっともだ」

It may well snow tomorrow.
「明日たぶん雪が降るだろう」

You may well be angry.
「あなたが怒るのももっともだ」

パンダ君
パンダ君
may wellはmayにwellが付け加えられているので、「すっごくmay」って考えると良いです。

オオカミ君
オオカミ君
ふむふむ

パンダ君
パンダ君
つまり、次のような感じです。

「すっごく〜かもしれない」→「たぶん~するだろう」

「すっごく〜してもよい」→ 「~するのももっともだ」

オオカミ君
オオカミ君
おぉ〜、わかりやすい!

4.may[might] as well ~ as …「…するくらいなら~するほうがましだ」

You might as well throw your money away as lend it to him.
「あなたは彼にお金を貸すくらいならそれを捨てたほうがましだ」

パンダ君
パンダ君
as〜as…が隠れていますよね。そして、as〜as…っ「…と同じくらい〜」って教わるから「=」って思いがちだけど、実は、「≧」なんです。

オオカミ君
オオカミ君
えっ、そうなのか!

パンダ君
パンダ君
詳しくは次の記事をご参照ください。may[might] as well ~ as …「…するくらいなら~するほうがましだ」ってなるんです。

【英文法】as 原級 asの比較表現【by英語予備校講師】【1】as+原級+as 結論からいきましょう。 as+原級+as…:…と同じくらい〜 例文で確認していきま...

5.may[might] as well ~「~するほうがいいだろう」

We might as well walk.
「歩いた方がマシだ」

パンダ君
パンダ君
これは先のas…がないだけと考えればいいね。

オオカミ君
オオカミ君
うん、簡単だ。

パンダ君
パンダ君
たとえば、We might as well walk(as wait).「待つくらいなら歩いた方がマシだ。」って感じです。

6.would like to ~ 「~したい」

I would like to go out to eat tonight.
「今夜は外食したい」

パンダ君
パンダ君
would like to〜はwant to〜よりも丁寧な表現ですね。

オオカミ君
オオカミ君
うん!でも、なぜ丁寧になるんだ?

パンダ君
パンダ君
実は助動詞の過去形wouldがあるので仮定法と言えるんだ。だから「(もしよければ)今夜は外食したい」って意味になるから丁寧になるんだよ。

オオカミ君
オオカミ君
おぉ〜、そういうことだったのか!

7.would like O to ~ 「Oに~して欲しい」

I would like you to come here.
「あなたにここに来てほしい」

パンダ君
パンダ君
want O to ~があるので、それのwould like O to ~って考えればOKだね。

オオカミ君
オオカミ君
うん!

8.would rather ~ than …「…よりむしろ~したい」

I would rather stay here than go out.
「外に出るよりむしろここにいたい」

9.would rather ~ 「むしろ~したい」

I would rather stay here.
「むしろここにいたい」

パンダ君
パンダ君
これは先の、would rather ~ than …「…よりむしろ~したい」のthan …が抜けたものって考えればOKだね。

オオカミ君
オオカミ君
うん、簡単だ。

パンダ君
パンダ君
ひとつ注意点があって、would ratherで一つの助動詞と考えるので、否定はwould rather notになります。

オオカミ君
オオカミ君
なるほど!would not ratherにしてしまいそうだ。

I would rather not stay here.
「むしろここにいたくない」

10.had better 「~するほうがよい」

You had better study harder if you want to pass the exam.
「試験に受かりたいなら、もっと頑張って勉強したほうがよい」

パンダ君
パンダ君
ところでhad betterとshouldは似たような表現だけど、どっちの方がきつい言い方だと思う?

オオカミ君
オオカミ君
had betterが「〜するほうがよい」で、shouldが「〜すべきだ」って訳すから、shouldの方じゃないのか?

パンダ君
パンダ君
実は、had betterの方なんだ。should”は良い結果をイメージした一般的なアドバイスと言えるけど、had betterは悪い結果を避けるための脅迫的なアドバイスなんだ。

オオカミ君
オオカミ君
えっ、全く逆じゃん!

11.have only to ~ 「~しさえすればいい」

You have only to press the button.
「ボタンを押しさえすればいい」

パンダ君
パンダ君
直訳は「〜だけしなければいけない」→「〜しさえすればいい」って意味になるよ。

オオカミ君
オオカミ君
なるほど、簡単だな!

12.dare say ~「おそらく~だろう」

I dare say it’s true.
「おそらく本当だろう」

パンダ君
パンダ君
直訳すると「敢えて言うと〜」→「おそらく〜だろう」って意味だよ。

オオカミ君
オオカミ君
なるほど!dareは「敢えて〜する」っていう助動詞の働きをしているのだな。

13.How dare ~.「よくも~できるものだ」

How dare you say such a thing?
「よくもまあそんなことが言えるね」

パンダ君
パンダ君
直訳は「あなた、この場面でどうやってあえて〜するの?」→「あなた、この場面でどうやって〜できるの?」→「よくも〜できるものだ」って意味なるよ。

オオカミ君
オオカミ君
なるほど!これはちょっと複雑。慣用表現として覚えちゃうのが良さそうだな。

14.Can[May]I〜?「〜してもいいですか?」

May I borrow your car on Saturday?
「土曜日に車を借りてもいいですか?」

パンダ君
パンダ君
両者の違いはそんなに意識しなくてもいいけど、次のようになるよ。

Can I~?:カジュアル

May I~?:丁寧

オオカミ君
オオカミ君
なるほど、友達とかにはCan I~?で、目上の人や初対面の人にはMay I~?って感じだな。

15.Will[Can]you〜?「〜してくれませんか?」

Can you fix my watch ? 
「時計を直してくれませんか?」

パンダ君
パンダ君
一応、厳密なことを言っておくと、willの場合は、「頼んでいることをする意志はあるか」って意味になり、canの場合は「可能かどうか」の意味になります。

オオカミ君
オオカミ君
なるほど!でも、基本的にはこの違いをそんなに意識する必要はないんだな!

16.Would[Could]you〜?「(もしよろしければ)〜してくれませんか?」

Would you open the window?
「(もしよろしければ)窓を開けてくれませんか?」

パンダ君
パンダ君
助動詞の過去形があるよね。これはいわば仮定法みたいなものなんだ。だから「もしよろしければ…」って意味になって丁寧な表現になるんだよ。

仮定法で過去にズレる理由とは?【高校英語文法】仮定法では「時制が過去にズレる」というのが核心です。 前回、これが全てだという説明をしました。 まだ読んでいないという方は、まずはこ...
オオカミ君
オオカミ君
なるほど〜!学校では「Will you〜?」を過去形にした「Would you〜?」は丁寧な表現って丸暗記していたけど、そういう理屈だったんだな!

17.Shall l〜?「(私が)〜しましょうか?」

Shall I open the window?
「窓を開けましょうか?」

shallに関しては次のShall we〜?と合わせて、この熟語2つだけを頭に入れておけばいいよ。

オオカミ君
オオカミ君
なるほど!基本的には、shallは普通の形であまり出てこないのだな。

18.Shall we〜?「(一緒に)〜しませんか?」

Shall we dance?
「一緒に踊りませんか?」

 

【2】 まとめ 

1.cannot ~ too … 「(どんなに)~してもしすぎることはない」

2.cannot(help)but ~「~せずにはいられない」

3.may[might] well ~「たぶん~するだろう」、「~するのももっともだ」

4.may[might] as well ~ as …「…するくらいなら~するほうがましだ」

5.may[might] as well ~「~するほうがいいだろう」

6.would like to ~ 「~したい」

7.would like O to ~ 「Oに~して欲しい」

8.would rather ~ than …「…よりむしろ~したい」

9.would rather ~ 「むしろ~したい」

10.had better 「~するほうがよい」

11.have only to ~ 「~しさえすればいい」

12.dare say ~「おそらく~だろう」

13.How dare you ~.「よくも~できるものだ」

14.Can[May]I〜?「〜してもいいですか?」

15.Will[Can]you〜?「〜してくれませんか?」

16.Would[Could]you〜?「(もしよろしければ)〜してくれませんか?」

17.Shall l〜?「(私が)〜しましょうか?」

18.Shall we〜?「(一緒に)〜しませんか?」

では、ここでおしまいにします。
(`・ω・´)ゞ

ここまで読んで頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、鬼塚英介(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。

Good luck!