丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

仮定法で「wasではなくてwereを使う」のはなぜ?

【0】動画で解説

【1】仮定法では、『was』はダメ

 

仮定法では、主語に関係なく、wasではなくてwereを使います。

 

☆ポイント☆
仮定法では、wereを使う。

 

えっ?そんなバカな?って思うかもしれません。
論より証拠、例文で確認してみましょう。

 

例 If I were a bird,I could fly to you.
「もし私が鳥ならば、あなたのもとに飛んでいけるのに」

 

まずは前提として、現実から離れている話をしていますよね。
私が鳥であるはずはありませんし、飛んでいけるはずもありません。

 

よって、仮定法ですね。

 

仮定法について、より詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

仮定法の公式は丸暗記不要!【丸暗記英語からの脱却】

 

 

では、本題に入りましょう。

if節の部分に着目してください。

 

『If I were a bird,』

 

主語が『I』なのに、『were』になっていますよね。
本来、主語が『I』の場合は、『was』であるべきですよね。
にも関わらず、『I were 』になっています。

 

じゃあ、これは間違いなのか???

 

そんなことはありません!
きちんとした正しい英文です。

 

仮定法では、主語に関わらず、『were』を使うというルールがあるんです。
ですから、『I were』で十分正解なのです。

 

 

【2】なぜ、『I were』なのか?

 

ところで、なぜ仮定法では、『was』ではなくて、『were』を使うのでしょうか?

 

この理由を知っている人は、あまりいないんじゃないでしょうか?
事実、予備校で学生にこの質問をすると、誰も答えられません。

 

どうでしょうか?

ちょっと考えてみてください。
過去のこの記事を参照すると、もしかしたらわかってくるかもしれません。

仮定法で過去にズレる理由とは?【高校英語文法】

 

こうやって、理屈を考えて理解することは非常に大切です。
そうすることで、記憶に残りますし、応用が利きます。
何よりも、この過程にこそ価値があります。

 

 

少し話が逸れてしまいましたね。

どうでしょうか?
では、答えを言いましょう。

 

Q.なぜ仮定法では、『was』ではなくて、『were』を使うのでしょうか?

A.現実から離れている感を明示するため。

 

そうなんです!

仮定法は現実から離れていることを表現するものです。
その離れている感を明示するために、敢えて、『I were』なんていうあり得ない形を使うんです。

 

あり得ない形を使って、あり得ないことを言っているんだよ!と明示するんですね。

 

 

☆ まとめ ☆

・仮定法では主語に関係なく、『was』ではなくて『were』を使う。
・その理由は『現実から離れていることを明示するため』。