幸せになりたいならば、
なればいい。
真の生きやすさを追求した
未分類

仮定法の公式は丸暗記不要!【丸暗記英語からの脱却】

仮定法の公式の丸暗記を強要され、疲れ果てている人向けです。

 

本記事では『仮定法の核心』という話から、

『公式の丸暗記は不要』について解説します。

 

ぼくは講師歴が14年で、過去に1000人以上の学生を指導し、

合格に導いていきました。

過去の指導経験から、どう教えれば良いかを考えながら、

丸暗記から脱却する視点から解決していきます。

 

 

【1】仮定法の核心

 

『時制が1つ過去にズレる』

 

これさえ、覚えれば公式の丸暗記は不要です。
少し大げさに言うと、仮定法の問題はこの一言だけで、問題の8割解答することができます。

論より証拠、例文で確認していきましょう。

 

 

【2】仮定法過去

 

例 If I were a bird,I could fly to you.
「もし私が鳥ならば、あなたのもとに飛んでいけるのに」

 

これは現在の妄想ですね。

よってここから時制を1つ過去にズラします。

「現在」︎→「過去」になりますよね。

 

「am 」︎→「were」
「can fly」︎→「could fly」

 

このように仮定法は時制を1つ過去にずらすだけで良いんです。

ちなみに、学校の教科書的な説明では「仮定法過去」という名前で以下の公式の丸暗記を強要されてしまいます。

 

[仮定法過去の公式]
If + S + 過去形 〜,S + 助動詞過去形+原形

 

なんかごちゃごちゃしていて、大変ですよね。

もちろん,こんなの覚える必要はありません。

覚えるべきは「過去にズレる」だけです。

 

 

【2】仮定法過去完了

 

例 If I had had more money then,I could have bought the book.
「もしその時私がもっとお金があれば、その本を買うことができたのに」

 

これは過去の妄想ですよね。

よって、「過去」から時制を1つズラして「大過去」になります。

 

「had」→「had had」
「could have」→「could have bought」

 

※could had bought はダメです。助動詞+原形じゃないとダメなので。

 

このように、仮定法では時制を1つ過去にズラすだけなんです。

ちなみに、学校の教科書的な説明だと「仮定法過去完了」という名前で教わり、次の公式の丸暗記を強いられます。

 

[仮定法過去完了の公式]
If + S + had + p.p.,S + 助動詞過去形+have + p.p. .

 

複雑です。

仮定法過去の公式に加えて、この公式を覚えるのは辛すぎます。

もちろん、こんな公式は覚える必要はありません。

覚えるべきは「過去にズレる」だけです。

 

 

【3】混合型

 

例 If I had missed the train then,I wouldn’t be here now.
「もし私がその時電車を逃していたら、私は今ここにいないだろう」

 

If節は「過去」に対しての妄想であり、主節の方は「現在」に対しての妄想です。

よって、それぞれ「過去」︎「大過去」、「現在」︎「過去」に時制がズレています。

 

「missed」→「had missed」
「won’t be」→「wouldn’t be」

 

このように、If節と従属節で時制が違うパターンがあるんです。

これはさすがに公式なんてありません。

 

無理やり混合型なんて名前をつけていますが、こればっかりは公式なんてありません。

だから、理屈抜きに公式だけ覚えている人は、こういった応用に対応できないのです。

やはり、核心から理解していくことが大切です。

 

 

☆ まとめ ☆

 

仮定法の核心:『時制が過去にズレる』