丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

名詞限定のasとは?

【0】動画で解説

【1】名詞限定のas

1-1.意味と特徴

結論から言うと、次のとおり。

[名詞限定のas]

・前の名詞にかかる

・かかる名詞を指す代名詞がas節にある

上記のとおり。

これだけだと、ピンとこないと思うので、例文で確認しましょう。

The building as we know it was built in 1990.
(私たちが知っている建物は1990年に建てられました)

The buildingにas we know itがかかっていますよね。また、The buildingを指す代名詞itが as節の中にありますね。

イメージとしては、「その建物(私たちはその建物を知っている)は〜」ってなるので、要するに「私たちが知っている建物は〜」ってなるわけです。

1-2.様態のasとの判別

様態のasとの判別に注意です(※様態のasについては「こちらの記事」をご参照ください)。さっそく、例文で確認してみましょう。

[名詞限定のas]
The building as we know it was built in 1990.
(私たちが知っている建物は1990年に建てられました)

[様態のas]
The building as we know was built in 1990.
(私たちが知っているように、その建物は1990年に建てられました)

上記のように、全然違ってきます。名詞限定のasでは、we knowなのは「The building」であり、様態のasでは、we knowなのは「The building was built in 1990.」です。

パンダ先生
パンダ先生
itがあるかないかだけでこんなにも違って来るんだね。名詞限定のasは頻度的にはかなり低いけど、受験英語とかだと下線部和訳問題でよく問われる。TOEICでも、公式問題集で何回か見たことがあるよ。

【2】☆ まとめ ☆

[名詞限定のas]

・前の名詞にかかる

・かかる名詞を指す代名詞がas節にある

以上、「名詞限定のas」について解説していきました。上級者向けの内容ではありますが、是非、自分のものにしていただけたらと思います。また、asはたくさん意味があって大変ですが、「こちらの記事」に全体像を載せていますので、ご参照ください。

鬼塚英介