丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

「by+交通手段」をわかりやすく解説します

【1】by+交通手段

1-1.by+交通手段

パンダ君
パンダ君
今日は「by+交通手段」って話をしていきましょう!

オオカミ君
オオカミ君
おう!

パンダ君
パンダ君
結論から言うと、「by+交通手段」ではbyと交通手段の間に何も入れないっていうのがポイントです。

「by+交通手段」ではbyと交通手段の間に何も入れない。

オオカミ君
オオカミ君
どういうことだ?

パンダ君
パンダ君
たとえば、by car、by plane、by busのようなことです。つまり、by his car、by the plane、by a busなどとは言わないんです。

オオカミ君
オオカミ君
ふむふむ。なんでだろうか?

パンダ君
パンダ君
少しややこしい話になるけど、この場合は、「車」というイメージよりも「交通手段」として形がない物として考えているからなんだ。

オオカミ君
オオカミ君
なるほど!

【英語】不可算名詞を見分ける必殺技を紹介します【by 英語講師】不可算名詞を見分ける必殺技について知りたいですか? 本記事では、不可算名詞を見分ける必殺技について紹介しています。 不可算名詞を見分ける必殺技について知りたい人は必見です!...

1-2.by以外+交通手段

オオカミ君
オオカミ君
じゃあ、意味上どうしても「彼の車で」って言いたい時はどうすればいいんだ?

パンダ君
パンダ君
うん、その場合は、by以外の前置詞を使うと良いよ。「彼の車で」だったら、by his carはダメだから、in his carにするよ。

[×️]by his car

[○]in his car

オオカミ君
オオカミ君
ふむふむ、byではなく、inを使えばいいんだな。

パンダ君
パンダ君
基本的には、inかonを使って次のように使い分けます。

on → 乗り物に立った状態で乗れる

in → かがまないと乗れない

オオカミ君
オオカミ君
なるほど!

パンダ君
パンダ君
たとえば、次のような感じですね。

I came here on a ship (船で)
I came here on a bus (バスで)
I came here on a plane (飛行機で)
I came here on a train (電車で)
I came here on a ferry (フェリーで)
I came here on a subway (地下鉄で)

オオカミ君
オオカミ君
ふむふむ、たしかに、立って乗れるな。

I came here in a car.(車で)
I came here in a taxi.(タクシーで)
I came here in a helicopter. (ヘリコプターで)

オオカミ君
オオカミ君
たしかに、ヘリは飛行機と違ってかがまないと乗れないなぁ。

パンダ君
パンダ君
また、自転車/バイク/馬に乗る場合は、onを使います。

I came here on a bicycle.(自転車で)
I came here on a horse.(馬で)
I came here on a bike.(バイクで)

オオカミ君
オオカミ君
ふむふむ、かがんで乗るよりも、立っているような姿勢で乗るもんな。

1-3.Twitterで問題を出してみたところ…

【2】発展編

ここからは上級者向けの内容になります。初心者の方は流し読みするくらいでOKです。

2-1.徒歩で

パンダ君
パンダ君
「徒歩で」って言いたい時は、例外的に、on footって感じになります。

I came here on foot.
(私は徒歩でここに来ました)

オオカミ君
オオカミ君
へぇ〜。まぁ、手段のbyってイメージではないもんな。

2-2.前置詞を使わないで表現する

パンダ君
パンダ君
前置詞に何を使うか面倒くさい場合は、動詞でそれを表すことができます。

オオカミ君
オオカミ君
どういうことだ?

パンダ君
パンダ君
実際に例を見てみましょう。

I go to school by car.
=I drive to school.

I go to school on foot.
=I walk to school.

I go to school by bicycle.
=I ride to school.

I go to school by bus.
=I take a bus to school.

オオカミ君
オオカミ君
おぉ〜、なるほど。動詞を使って表しちゃうこともできるんだな。

2-3.by+通信手段

パンダ君
パンダ君
「by+交通手段」は知っている人が多いけど、実は、「by+通信手段」も同じことが言えます。

オオカミ君
オオカミ君
へぇ〜!

パンダ君
パンダ君
たとえば、次のような感じです。

I’ll contact him by email.
(彼とメールで連絡を取ります)

I talked with her by phone.
(彼女と電話で話した)

オオカミ君
オオカミ君
ほぉ〜。これも「手段」として形がないものをイメージしているから冠詞等をつけないんだな。

パンダ君
パンダ君
そうだね。そして、theなどを入れたい時は、on/overを使って表すことができます

I talked with her on(over)the phone.
(彼女と電話で話した)

オオカミ君
オオカミ君
ふむふむ!

【3】まとめ

・「by+交通手段」「by+通信手段」ではbyと交通手段の間に何も入れない。

・on → 乗り物に立った状態で乗れる

・in → かがまないと乗れない

・on foot「徒歩で」

・on/over the phone

では、ここでおしまいにします。
(`・ω・´)ゞ

ここまで読んで頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、鬼塚英介(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。

Good luck!