丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【英語】不可算名詞を見分ける必殺技を紹介します【by 英語講師】

【0】動画で解説

不可算名詞を見分けるポイント

結論から言うと…「具体的な形をイメージできないものは不可算名詞」です。つまり、「輪郭が見えない名詞」です。もうちょっとくだけた言い方をすると『みんなで同じ絵が描けない』です

「具体的な形をイメージできないものは不可算名詞」

この具体的な形がイメージできないものは、次の3つのパターンに分けることができます。

・抽象名詞(見えないもの)

・物質名詞

・総称名詞(ひとまとめのもの)

上記の通りです。

ひとつひとつ説明していきますね。

・抽象名詞(見えないもの)

見えないものは、不可算名詞です。

なぜならば、見えないものは具体的な形がイメージできないからです。

例 information「情報」、news「ニュース」、advice「アドバイス」、peace「平和」、work「仕事」、homework「宿題」…など。

上記の名詞は目に見えないものだから、具体的な形がイメージできませんよね。なので、不可算名詞なんです。

たとえば、「information の絵を描いてください」って言われても困りますよね。どんな絵を描けばいいのだろう?ってなりますよね。

・物質名詞

物質名詞は、不可算名詞です。

なぜならば、物質名詞は具体的な形を持っていないからです。つまり、みんなで共通の絵を描くことができないからです。

例 water「水」、wine「ワイン」、sugar「砂糖」、butter「バター」、bread「パン」、paper「紙」、air「空気」…など。

たとえば、「水の絵を描いてください」って言われたら、どうしますか?

水滴、水たまり、コップに入った水、しずく…など共通の絵を描くことができませんよね。

なので、このような名詞は不可算名詞です。

・総称名詞(ひとまとめのもの)

ひとまとめのものは、不可算名詞です。

なぜならば、具体的な形がイメージできず、共通の絵を描くことができないからです。

例 money「お金」、furniture「家具」、baggage「荷物」、equipment「備品」、clothing「衣類」、machinery「機械類」…など。

たとえば、furniture「家具」は、「机やらベットやらタンスなど」をひとまとめにして「家具」ですよね。

money「お金」も、「硬貨や紙幣や小切手など」をひとまとめにして「お金」ですよね。なので、moneyは不可算名詞です。

一方で、coin「硬貨」やbill「紙幣」は具体的な形がイメージできるので、可算名詞です。

「moneyのお金を描いて」って言われても共通の絵を描くことはできません。でも、coinやbillだったら、だいたいみんな同じ絵を描きますよね。

Twitterで問題を出してみたら・・・

・☆ まとめ ☆

・具体的な形をイメージできないものは不可算名詞

・別の言い方をすると…「みんなで共通の絵を描くことができない」

では、ここでおしまいにします。
(`・ω・´)ゞ

ここまで読んで頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、鬼塚英介(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。