丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【英語】wouldの意味と使い方

【1】wouldの意味と使い方

wouldの用法は次のとおりです。

1.過去の習慣

2.過去の強い意志

3.丁寧な表現

4.弱い推量

5.仮定法

6.時制の一致

上記のとおり。

ひとつひとつ例文で確認していきましょう。

1.過去の習慣

「よく〜したものだ」という意味で過去の習慣を表します。

I would often play tennis here.
「私はよくここでテニスをしたものだ」

would とused toの共通点と相違点とは?【0】動画で解説 https://youtu.be/7IOVEMzPd9E 【1】 wouldとused toの共通点:「過去の習慣...

2.過去の強い意志

willは「100%必ず〜する」っていう強い意志を表すので、wouldは「100%必ず〜した」という過去の強い意志を表します。

He wouldn’t go to school.
「彼はどうしても学校に行こうとしなかった」

will の意味をみんな勘違いしている︎【0】動画で解説 https://youtu.be/5DFzg-90wVo 【1】will:100%絶対~する will の意味を...

3.丁寧な表現

Will you〜?「〜してくれませんか?」を過去形にしたWould you〜?「(もしよろしければ~してくれませんか?」よりも丁寧な表現になります。

Would you close the window?
「窓を閉めていただきませんか?」

4.弱い推量

過去形の核心は「離れる」なので、willの強い意志から一歩離れて控えめになり、「おそらく〜だろう」っていう弱い推量もあります。

You would not believe what I’ve been through tonight!
「今夜僕が経験したことを君たちは信じないだろうな。」

5.仮定法

仮定法の目印は「助動詞の過去形」です。なので、wouldは仮定法で使われます。

If you had been there, I would have talked to you.
「もし君がそこにいたら、私は君に話しかけていただろう。」

仮定法の目印はifではない!?【0】動画で解説 https://youtu.be/N7qgoJGqc78 【1】ifは仮定法の目印ではない 仮定法の目印って...

6.時制の一致

主節の動詞が過去形になるとthat節の中身も過去形になります。

I thought that he would win the game.
「彼が試合に勝つと思っていた」

【2】まとめ

wouldの6つの用法
wouldの用法は次のとおりです。

1.過去の習慣

2.過去の強い意志

3.丁寧な表現

4.弱い推量

5.仮定法

6.時制の一致

では、ここでおしまいにします。
(`・ω・´)ゞ

ここまで読んで頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、鬼塚英介(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。

Good luck!