丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【冠詞】aとtheの必殺判別法!

【1】共通認識のthe

aとtheの判別に悩んでいる人は多いですよね。ここでは、簡単に判別できる方法を紹介します。それは「共通認識のthe」です。

共通認識のthe

当事者の間で共通して認識できる場合には、theをつけるんです。もうちょっとくだけた言い方をすると、「当事者で同じものを指差せれればthe」です。論より証拠ということで、具体例で見ていきましょう。

【2】具体例で確認

moon「月」には、aがつくでしょうか?theがつくでしょうか?

たとえば、夜になって僕たちで外に出て、「月に対して指を指そう、いっせーので!」でみんなで同じ月を指すことができますよね。よって、the moonになるんです。同じような理由で、sun「太陽」にもtheがついて、the sunになります。

では、start「星」には、aがつくでしようか?theがつくでしょうか?

たとえば、また外に出て「星に対して指を指そう、いっせーので!」って言ったら、それぞれが違う星を指しますよね。よって、a starになるんですよね。でも、もし空が曇っていて星が1つしか出ていない場合は、みんなで同じものを指させるので、the starになるんです。

つまり、各名詞によって、aがつくとかtheがつくとか決まっているわけではないのです。状況によって使い分ける必要があるわけです。だから、単語1つ1つ丸暗記するよりも、ちゃんとした判断基準を持って判別していく必要があるんです。

【3】英会話表現に応用

最後にtheを使った英会話表現を考えていきましょう。使う知識は「共通認識のthe」だけです。

[クイズ]
A君は英会話を学び、アメリカに行きました。そこに、綺麗なアメリカ人女性が次のようにA君に言いました。

Do you have the time?

Aくんは「Do you have time?」と言われたと思い、テンションが上がってしまいました。というのも、「Do you have time?」は「今、時間ある?暇?」って感じでナンパだと思ってしまったのです。しかし、アメリカ人女性は「Do you have the time?」って聞いたんです。

「Do you have the time?」の意味はなんだと思いますか?theがついているので「共通認識できる時間」ですよね。いっせーのでって言って同じ時間を言える時間ですね。寝る時間でも夕食食べる時間でもありませんよね。

そうです!現時刻です。現時刻はいっせーのでって言って同じ時間を言えますよね。だから、Do you have the time?は「現時刻を持っている?」→「現時刻を知る手段を持っている?」→「今、何時ですか?」って意味なんです。

ちなみに、「今、何時?」で有名なのは…

What time is it?

多分、これが1番最初に思い浮かぶと思います。でも、この表現てぶしつけにいきなり「今何時?」なので、ちょっと失礼なんですよね。そこで、Yes/NOの選択肢のある「Do you have the time?」の方が好まれて、よく使われるんですよね。

このように核心から考えていけば無駄な丸暗記は激減し、会話表現にも応用できるんです。

では、ここでおしまいにします。
(`・ω・´)ゞ

ここまで読んで頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、鬼塚英介(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。

Good luck!