丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

go/come/get/become/turn/fallの違い

【1】go/come/get/become/turn/fall/growの違い

結論から言うと、次のとおりです。

1.go(悪い状態に)なる

2.come(良い状態に)なる

3.get(短時間で)~になる

4.become(長時間で)~になる

5.turn(完全に違う状態に)なる

6.fall(急にある状態に)なる

7.grow(次第に)~になる

上記のとおり。

では、例文で確認していきましょう。

1.go(悪い状態に)なる

Meat goes bad soon.
「肉はすぐに悪くなる。」

goの核心は「離れていく」なので、マイナスのイメージの形容詞と結びつきやすいです。

〈go+形容詞〉

□go bankrupt 破産する
□go wrong うまくいかない
□go flat パンクする
□go blind 目が見えなくなる
□go bad 腐る
□go missing 行方不明になる
□go mad 正気でなくなる
□go white 真っ青になる

2.come(良い状態に)なる

Dreams come true.
「夢はかなう。」

goとは逆で、近づいてくるcomeは、プラスのイメージの形容詞と結びつきやすいです。

3.get(短時間で)になる

She got angry.
「彼女は怒った。」

怒るのは一時的なことですよね。ずっと怒っていたら嫌ですからね。

4.become(長時間で)になる

I want to become a doctor.
「私は医者になりたい。」

医者になったら、しばらくは医者のままですよね。

5.turn(完全に違う状態に)なる

The green leaves turn red in autumn.
「秋には緑色の葉が赤くなる。」

緑色から赤色に完全に違う状態に変わってますよね。一転して全く違う状態になるイメージです。

6.fall(急にある状態に)なる

He fell asleep while studying.
「彼は勉強しているうちに寝てしまった。」

急転直下のイメージを持つと覚えやすいです。

7.grow(次第に)~になる

He seemed to grow taller every day.
「彼は日ごとに成長して背が高くなっているように見えた。」

【2】まとめ

1.go(悪い状態に)なる

2.come(良い状態に)なる

3.get(短時間で)になる

4.become(長時間で)になる

5.turn(完全に違う状態に)なる

6.fall(急にある状態に)なる

7.grow(次第に)~になる

では、ここでおしまいにします。
(`・ω・´)ゞ

ここまで読んで頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、鬼塚英介(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。

Good luck!