丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

〈It is (high/about) time +仮定法過去〉

今回の記事では、仮定法の熟語を紹介していきます。
もちろん、ただ紹介するだけでなく、

丸暗記英語から脱却していく理屈も話していきますので、お楽しみに。

 

☆ポイント☆
〈It is (high/about) time +仮定法過去〉
=「もう〜する頃だ」

 

例 It is (high/about) time you went to bed.
「もう寝る頃だ」

 

 

【1】『仮定法過去を使う』

 

大きくポイントは3つあります。

まずは、1番大切なポイントです。

 

『仮定法過去を使う』

 

この熟語は仮定法です。
なぜか?

そりゃそうです。

 

例えば、「あなたはもう寝る頃だ」って寝ていない相手に言いますよね。
寝ている相手には言いませんよね。
逆に起きて怒られてしまいますね。

よって、現実に反していることを言うので、仮定法が使われるんです。

 

また、この熟語では『仮定法過去』しかありません。
仮定法過去完了というものが存在しないのです。

 

それもそのはず。
この表現って現在にしか使えませんよね。
過去に対して「もう〜する頃だった」って日本語は違和感がたりますよね。
よって、「現在」の妄想だから、仮定法過去しかないんです。

 

 

【2】状況のit

 

これは大したポイントではありません。

 

『状況のit』

 

〈It is (high/about) time 〜〉のitは、「状況のit」です。
状況のitっていうの、it is rainy.「(状況が)雨です」みたいなものです。

 

 

【3】 (high/about) time

 

3つ目のポイントも大きな話ではありません。

 

『high/aboutに大きな違いはない』

 

最初に言っておきます。

この違いが試験で問われることはありません。
それくらいに、大きな違いはないのです。
強いて言えば、次のようなちがいです。

 

it is high time は、「もうとっくに~している時間だ(なのにしていない)」という意味になります。
相手に対して、不満や義務を伝える強い表現です。

highは、時間を過ぎているってイメージが湧いてきますよね。

 

一方、it is about time は、「そろそろ~する時間だ(まだしていない)」という意味になります。

こちらの意味は、it is high time に比べると弱く、自覚を促す表現です。

aboutは『周り』っていうのが核心にあります。
(詳しくは、また前置詞のところでしていきます。)

よって、「予定時間の周り」なので「そろそろ〜する時間だ」って意味です。

 

一応、きちんと違いを説明しましたが、何度も言うようにこの違いは試験に出ません。

・Twitterで問題を出してみたところ...

https://twitter.com/englishpandaa/status/1379599913277739011?s=21

パンダ君
パンダ君
答えは上記のTwitterをクリックして確認してね。

☆ まとめ ☆

・〈It is (high/about) time +仮定法過去〉
=「もう〜する頃だ」
・high/aboutに大きな違いはない

では、ここでおしまいにします。
(`・ω・´)ゞ

ここまで読んで頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、鬼塚英介(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。

Good luck!