丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【英文法】疑問文で使われるsome【Yesの答えを期待する場合】

【1】疑問文で使われるsome

結論からいきましょう。

・疑問文のsome:yesの答えを期待

上記のとおり。

中学生の頃、someは「肯定文」に使うと教わります。一方で、anyは「否定文」「疑問文」で使うと教わります。

でも、実は、これは嘘なんです。

someは「疑問文」で使われる場合もあります。「そんなバカな?」と思うかもですが、たとえば、次のような例文です。

Will you have some cake ?
(ケーキはいかがですか?)

このように、疑問文でsomeが使われていますよね。

・なぜ?

ところで、どのような場合に疑問文でsomeが使われるのでしょうか?

結論は、「Yesの答えを期待している場合」です。通常は肯定文で使うsomeを使うことで、肯定の答えを期待するわけです。

【2】まとめ

以上、「疑問文で使われるsome」について解説していきました。

☆ まとめ ☆

・疑問文のsome:yesの答えを期待

疑問文のsomeはあまり頻出するようなものではありませんが、知らないといざ出てきたときに困ってしまうものです。この記事を機会に知って、頭の片隅に置いておくといいと思います。

では、ここでおしまいにします。(`・ω・´)ゞ

英文法の記事一覧

ここまで読んで頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、興味のある方は鬼塚英介(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。