丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【英文法】another / the other / others / the othersの裏ワザ判別法【特定できればthe】

【1】another / the other / others / the others

結論から言うと、ポイントは次の2つです。

・単数か複数か

・特定できればthe

上記のとおり。

1-1.単数か複数か

次のとおり。

・単数→ another / the other

・複数→ others / the others

「〜s」なので、「複数」ですね。ちなみに、「another」は「an other」のことなので「単数」です。

2-2.特定できればthe

特定できる場合には、theがつきます。

⑴ ● (one) ○(the other)

→2つ目(○)は、単数で特定できるからthe otherです。

⑵ ●(one) ○(another) ■(the other)

→2つ目(○)は単数で不特定だからanotherです。
3つ目(■)は単数で特定だからthe otherです。

⑶ ●(one) ○(another) ■■(the others)

→2つ目(○)は単数で不特定だからanotherです。
→残り2つ(■■)は複数で特定できるからthe othersです。

⑷ ●●●(some) ○○○(others) ■■(the others)

→2組目(◯◯◯)は複数で不特定だからothersです。
3組目(■■)は複数で特定できるからthe othersです。

2-3.英文で確認していきましょう

(1) There are two pens on the desk. One is black, and the other is red.
(机の上に2本のペンがある。一本は黒で、もう一本は赤だ)

→ 2本目は単数で特定できるから「the other」です。

(2) There are three pens on the desk. One is black, and another is red.
(机の上に3本のペンがある。一本は黒で、もう一本は赤だ)

→ 2本目は単数で不特定だから「another」です。

(3) There are 80 students in my class. Some students go to school by bus, and others go to school by train.
(私のクラスには80の学生がいる。バスで学校に来る学生もいるし、電車で来る学生もいる)

→ 複数で不特定だから「others」です。

(4) I have three brothers. One is in Tokyo, and the others are in Osaka.
(私には兄弟が3人いる。1人は東京に、残り2人は大阪にいる)

→ 複数で特定できるから「the others」です。

【2】まとめ

以上、「another / the other / others / the othersの裏ワザ判別法」について解説していきました。

☆ まとめ ☆

・単数→ another / the other

・複数→ others / the others

・特定できればthe

では、ここでおしまいにします。(`・ω・´)ゞ

英文法の記事一覧

ここまで読んで頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、興味のある方は鬼塚英介(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。

パンダ君
パンダ君
これからも、鬼塚英介を応援してね