丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語 PR

【良い】good / nice / great / fineの違いは?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

【0】動画で解説

【1】「良い」を表す英単語

一言で言うと、次のとおり。

[さまざまな“良い]

・good:良い感じ

・nice:素敵だ

・great:すごい

・fine:良好な

上記のとおり。

パンダ先生
パンダ先生
ちょっと上級者向けだけど、知っておきたい使い分けだよ。

では、例文で確認していきましょう!

・good:良い感じ

good は「良い」の最も基礎的で一般的な表現です。ちなみに、反意語はbadです。

This food is good.
(この料理はおいしい)

パンダ先生
パンダ先生
goodは「悪くない」っていう消極的なニュアンスでも使われるので注意だよ。

・nice:素敵だ

nice には、ポジティブな意味合いで「良い」という場合に使われます。主観的な感想になります。

He has a nice personality.
(彼は性格が良い)

明るい人を好きな人もいれば、静かな人を好きな人もいます。主観的な感想です。

パンダ先生
パンダ先生
goodは客観的でniceは主観的だよ。

・great:すごい

greatは、goodやniceよりもすごさの程度が高いです。

The view from the top of the mountain is great.
(山の頂上からの眺めは素晴らしい)

・fine:良好な

fineは、good や nice と同じくらいの良さを表します。

The weather is fine today.
(今日の天気は良いですね)

fineは、状況によっては「まあまあ」という消極的なニュアンスを表すことがあるので注意です。

パンダ先生
パンダ先生
「大丈夫?元気?」と心配してくれた相手に、“I’m fine.“は「元気です」というよりも、「大丈夫です」ってニュアンスだね。

【2】☆ まとめ ☆

[さまざまな“良い]

・good:良い感じ

・nice:素敵だ

・great:すごい

・fine:良好な

以上、「良い」の類義語を紹介していきました。

パンダ先生
パンダ先生
ここまでご精読頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、鬼塚英介(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。

また、TOEIC学習法の無料メルマガも開始しました。ぜひ、間違えた方向に学習して時間とエネルギーを無駄にしたくない人は、ぜひご登録ください。