丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【英文法】接続詞が残る分詞構文【by 英語予備校講師】

【1】接続詞が残る分詞構文

分詞構文で接続詞が残る場合があります。

例文を挙げましょう。

When seeing me ,he ran away.
「私を見たとき、彼は逃げた」

上記の通りです。

普通であれば、次のように、分詞構文は「接続詞消して、主語消して、動詞をingにして…」って感じですよね。

〈普通の分詞構文の作り方〉

When he saw me,he ran away.

× × Seeing me,he ran away.

にもかかわらず、次のように接続詞が残る場合があるんです。

When he saw me,he ran away.

When× seeing me,he ran away.

【2】話を深掘りしていきます。

ここから話を深掘りしていきます。ここまでで、もうキツイって人は、さらっと読んでいってOKです。

具体的には、次のことについて話していきます。

・分詞構文で接続詞が残る理由

・複数の具体例で確認

上記の通りです。

・分詞構文で接続詞が残る理由

結論から言うと、「接続の意味を明確にしたい場合」に接続詞を残すんです。

というのも、分詞構文は、接続の意味をぼかしたい時に使われるものです(詳しくは分詞構文の訳し方は適当【必殺技!】)。でも、話し手が「接続の意味を明確にしたいな」って時に、接続詞を残すんです。

具体例を挙げましょう。

Seeing me,he ran away.
「私を見て、彼は逃げた」

この英文は文脈によって、次のように複数の意味が考えられます。

「私を見たとき、彼は逃げた」

「私を見たので、彼は逃げた」

「私を見たけれど、彼は逃げた」

「私を見れば、彼は逃げた」

これだけの複数の意味があり、接続の意味をぼかしたい時に使われるのが分詞構文です。

でも、ここは「譲歩」で訳して欲しいなって時に、接続詞を残すんです。

Although seeing me,he ran away.
「私を見たけれど、彼は逃げた」

このように、接続の意味を明確にしたいなって時に、分詞構文でも接続詞が残ります。

・複数の具体例で確認

論より証拠ということで、複数の具体例で確認してみましょう。

While walking down the street, I saw her.
「通りを歩いている、彼女に会った」

Because having a cold, he saw a doctor.
「風邪をひいたので、彼は医者にみてもらった」

Although impressing the interviewer ,he couldn’t get the job.
「面接担当者には良い印象を与えた、彼はその仕事を得ることができなかった」

上記の通りです。

【3】おわりに

以上、「接続詞が残る分詞構文」について解説していきました。

いかがでしたか?

英文法は、読解も含めて英語の学習の最も基本となります。

英文法の勉強で大切なことは、参考書を理屈抜きに丸暗記するのではなく、きちんと理解しながら、学んでいくことです。英文読解も結局のところ、問われるのは基本的な英文法の理解です。

ちなみに、この理解して英文法を学ぶのに、「スタディサプリ」という動画の授業がおすすめです。14日間無料体験ができて、いつでも解約可能なので、ぜひ試してみてください。

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。


 ここまで読んで頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、興味のある方はパンダ(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。

パンダ君
パンダ君
これからも、パンダを応援してね