丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語 PR

【静かな】silentとquietの違いは?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

【0】動画で解説

【1】「静かな」を表す英単語

一言で言うと、次のとおり。

[さまざまな“静かな“]

・silent:無音の

・quiet:静かな

上記のとおり。

パンダ先生
パンダ先生
ちょっと上級者向けだけど、知っておきたい使い分けだよ。

では、例文で確認していきましょう!

・silent:無音の

silentは完全な無音や沈黙を指し、何の音もないことを表現します。

The room was silent.
(その部屋は静まり返っていた)

完全に無音ですね。

パンダ先生
パンダ先生
電話をマナーモードにするときは、silent modeって言うよね。完全に音が鳴らない状態だね。

・quiet:静かな

quietは、静かだけど多少の音はある状態を示します。

Please keep your voice down and be quiet in the library.
(図書館では声を抑えて静かにしてください)

ヒソヒソ声はOKということです。

パンダ先生
パンダ先生
実は、quit「やめる」と関連があるよ。活動をやめて静かにしているイメージだね。また、Be quiet!(黙りなさい!)って表現は、完全に無音にしろってことじゃないよね。

【2】☆ まとめ ☆

[さまざまな“静かな“]

・silent:無音の

・quiet:静かな

以上、「静かな」の類義語を紹介していきました。

パンダ先生
パンダ先生
ここまでご精読頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、鬼塚英介(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。

また、TOEIC学習法の無料メルマガも開始しました。ぜひ、間違えた方向に学習して時間とエネルギーを無駄にしたくない人は、ぜひご登録ください。