丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【英語】特定の名詞の多い・少ない【high/low、large/small】

【1】特定の名詞の多い・少ない【high/low、large/small】

結論から言うと、お金系は「high・low」を使い、人系は「large・small」を使います。ただし、income / salaryは両方使えます。

・お金系 → high/low

・人系 → large/small

・income / salaryは両方

上記の通りです。

ひとつひとつ説明していきますね。

・お金系 → high/low

お金系の名詞の多い/少ないは、「high/low」を使います。

具体的には、次のような名詞です。

・cost「費用」

・price「値段」

・wage「賃金」

・fee「謝礼」

・pay「報酬」

上記の名詞の多い/少ないは、「high/low」を使います。

例 The cost is high.
「費用が高い」

日本語でも、「ハイコスト」とか「ローコスト」って言ったりしますよね。

・人系 → large/small

人系の名詞が多い/少ないには、「 large/small」を使います。

具体的には、次のような名詞です。

・population「人口」

・audience「聴衆」

・family「家族」

・crowd「群衆」

・amount「量」

・number「数」

・sum「金額」

・expense「出費」

上記の多い/少ないには、「 large/small」を使います。

基本的に、「人系」の名詞が多いですよね。

例 China has a large population.
「中国の人口は多い」

人口の多い少ないは、面積的に考えるので、「 large/small」を使うんです。

・income / salaryは両方

income「収入」 / salary「給与」は、「high/low」、「 large/small」の両方を使うことができます。

例 His salary is high(large).
「彼の給与は高い」

このように、income / salaryは両方に使えます。

【2】☆ まとめ ☆

・お金系 → high/low

・人系 → large/small

・income / salaryは両方

以上で、今回はおしまいにしたいと思います。

今回の記事のように、僕は丸暗記英語からの脱却をコンセプトにブログで発信しています。

下記の記事に、英文法の記事一覧があるので、ぜひご覧ください。

英文法の記事一覧