丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【英語】叙述用法(補語)にしかならない形容詞【alive/alone/asleep…など】

【1】叙述用法(補語)のみの形容詞

結論から言うと、次の形容詞は叙述用法(補語)にしか使えません。

afraid / alike / alive / alone / ashamed / asleep / awake / aware

・「限定用法」と「叙述用法」

形容詞は「限定用法」と「叙述用法」に分かれます。

・限定用法:名詞を前から修飾

・叙述用法:名詞を後ろから説明(補語)

具体例で確認しましょう。

[限定用法]

・a red dress「赤いドレス」

・a beautiful girl「美しい少女」

・a living snake「生きているヘビ」

このように、名詞を前から修飾するのが「限定用法」です。

一方、叙述用法の具体例は次の通りです。

[叙述用法]

・a dress is red.

・a girl is beautiful.

・a snake is alive.

このように、名詞を後ろから説明(補語)するのが、「叙述用法」です。

・叙述用法にしか使えない形容詞

改めて、叙述用法にしか使えない形容詞を挙げていきます。

afraid / alike / alive / alone / ashamed / asleep / awake / aware …など。

上記の通りです。

これらの共通点は「アルファベットのa から始まる」ってことです。

例文で確認しましょう。

例 He is afraid of dogs.
「彼は犬を怖がっている」

例 The brothers are alike.
「その兄弟は似ている」

このように、上記に挙げた形容詞は叙述用法にしか使えません。

・なぜ、叙述用法にしか使えない?

なぜ、asleepなどは叙述用法にしか使えないのか?

実は、asleepはもともとの形は「on sleep」だったからです。

on sleep → a sleep→asleep へと変化

例文で確認しましょう。

例 The boy is on sleep.
「その少年は眠っている」

例 The boy is asleep.

次のような例文は変ですよね。

× The on sleep boy is Tom.

なので、asleepなどは叙述用法にしか使えないんです。

【2】☆ まとめ ☆

・形容詞は「限定用法」と「叙述用法」に分かれる。

・叙述用法にしか使えない形容詞:afraid / alike / alive / alone / ashamed / asleep / awake / aware …など

英文法の記事一覧