丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【英語】試験によく出る自動詞・他動詞を一挙に紹介します

【1】自動詞/他動詞の定義

まずは、前提として、自動詞と他動詞の定義を確認しましょう。

自動詞:目的語を取らない動詞

他動詞:目的語を取る動詞

上記の通りです。

例文で確認してみましょう。

例 I live in Tokyo.

「私は東京に住んでいる」

live自動詞なので、目的語をとっていませんね。

例 I visited Tokyo.

「私は東京を訪れた」

visitは他動詞なので、目的語にTokyoが来ていますね。

このように、自動詞は「目的語を取らない動詞」であり、他動詞は「目的語を取る動詞」です。

・他動詞は「何を?」と突っ込める

基本的には、自動詞/他動詞は、各動詞について覚えていく必要があります。でも、それはちょっと大変ですよね。

そこで、とりあえずは、次のような方法を使うと良いです。

他動詞:「何を?」と突っ込める。

これで、結構、うまくいきます。

例えば、buy。

「俺買ったんだ」

「何を?」って突っ込める

よって、buyは他動詞です。

今度は、belong。

「俺所属してるんだ」

「何を?」って突っ込めませんね。

「何に?」ですよね。

よって、belongは自動詞です。

このように、結構使える方法です。

この方法で8割くらいは、うまくいきます。最初のうちは、覚えようとすると大変なので、まずはこの方法で乗り切るのをお勧めします。

【2】試験によく出る自動詞・他動詞

では、本題の「試験によく出る自動詞・他動詞」です。

動詞は無限大にあるので、それを全部覚えるのは無理です。でも、試験によく出るのはある程度、決まっているので、ここは割り切ってひとつひとつ覚えていきましょう。

・試験によく出る自動詞

4つのグループに分けて紹介していきますね。

[思う・言う系の自動詞]

・apologize to 人 for 理由 「理由で人に謝る」

・argue with A about B「BについてAと話す」

・refer to 「〜を参照する」「〜に言及する」

・reply to 「〜に返信する」

・return to 「〜に返す」

上記の通りです。

例文で確認してみましょう。

例 He apologized to me for being late.
「彼は遅れたことを私に謝った」

自動詞の覚え方は熟語ごと覚えることです。そうすることで、一石二鳥的に覚えることができます。

[到着・滞在系の自動詞]

・arrive at 「〜に到着する」

・get to 「〜に到着する」

・start from 「〜から始まる」

・stay at「〜に滞在する」

arrrve at と get to は、reachとよく比較されます。
すべて「〜に到着する」って意味ですが、reachだけは他動詞になります。

例 They reached Tokyo.
「彼らは東京に到着した」

=They arrived at Tokyo.

[that節の場合は他動詞系]

・complain about(of)

・hope for

・think about(of)

・agree with / to

・boast about(of)

上記の動詞は、原則、自動詞なのですが、目的語にthat節を取る場合は、他動詞になります。

例文で確認しましょう。

例 I always think of you.

「いつもあなたのことを考えている」

think ofの形で自動詞として使われていますね。

例 I think that he stays in Tokyo.

「私は彼が東京に滞在していると思う」

think that の形で、他動詞として使われていますね。

thinkは「think that〜」の形でよく見るので、他動詞と思われがちですが、実は原則、自動詞なんですよね。

また、agree with/to /onの違いは次の通りです。

・agree with :賛成する

・agree to :受け入れる

・agree on:一致する

例文で確認しましょう。

例 I agree with him.
「私は彼に賛成します」

例 He agreed to my proposal.
「彼は私の提案を受け入れた」

例 We agreed on this issue.
「私たちはこの論点で合意した」

[その他の自動詞]

・communicate with「〜と会話する」

・compete with 「〜と競う」

・graduate from 「〜を卒業する」

・object to(against) 「〜に反対する」

・participate in 「〜に参加する」

・succeed in「〜で成功する」

・wait for「〜を待つ」

例文で確認しましょう。

例 She waited for him.
「彼女は彼を待った」

以上、試験に出やすい自動詞を紹介していきました。

繰り返しになりますが、コツは「熟語ごと覚える」です。

・試験によく出る他動詞

こちらも3つのグループに分けながら、覚えていきましょう。

[移動系の他動詞]

・accompany 「〜に同行する」

・approach 「〜に近づく」

・enter 「〜に入る」

・inhabit 「〜に住む」

・leave 「〜を去る」

・obey 「〜に従う」

・reach「〜に到達する」

・visit 「〜を訪れる」

先に紹介した「“何を?”→他動詞」の方法が使えない他動詞ばかりですね。

[思う・言う系の他動詞]

・answer 「〜を答える」

・consider 「〜をよく考える」

・discuss 「〜を議論する」

・mention 「〜について言及する」

・oppose 「〜に反対する」

consider以外は、ほんと〜によく試験に出ます。

[その他の他動詞]

・attend 「〜に出席する」

・marry「結婚する」

・resemble 「〜に似ている」

・search 「〜を探す」

・survive「生き残る」

例 He entered the room.
「彼は部屋に入った」

例 He didn’t survive the accident.
「彼はその事故で死亡した」

以上、試験に出やすい自動詞と他動詞を紹介していきました。

ここまで読んで頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、興味のある方はパンダ@Englishpandaaをフォローして確認してみてください。

英文法の記事一覧