丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

〈so+形容詞+a+名詞〉と〈such +a+形容詞+名詞〉【徹底解説】

【1】〈so+形容詞+a+名詞〉と〈such +a+形容詞+名詞〉

結論からいきましょう。

soは〈so+形容詞+a+名詞〉の形を取り、such は〈such +a+形容詞+名詞〉の形を取ります。

・〈so+形容詞+a+名詞〉

・〈such +a+形容詞+名詞〉

ちょっと紛らわしいですが、この順番をしっかりと覚えることが大切です。

例文で確認していきましょう。

例 It was so warm a day that I could hardly work.
「とても暑かったので、ほとんど働けなかった」

例 It was such a warm day that I could hardly work.
「とても暑かったので、ほとんど働けなかった」

このように、意味は同じなんだけど、順番が異なってきます。

【2】なぜ、soとsuchで語順が異なるのか?

結論から言うと、soは副詞で、suchは形容詞だからです。

so:副詞
such :形容詞

前提として、形容詞と副詞の定義は次の通りです。

・形容詞:名詞を修飾する

・副詞:名詞以外を修飾する

このような違いから、soとsuch で語順が変わってきます。

例えば、soは副詞なので、次のような語順はマズイですよね。

so a warm day(間違い例)

このままだと、〈a warm day〉で1つの名詞として考えるので、副詞のsoが名詞を修飾することになってしまいます。

そこで、次のようにするんです。

so warm a day(正しい例)

こうすれば、副詞のsoが、形容詞のwarmを修飾していますよね。

一方、such は形容詞なので、次のような形でOKなんです。

such a warm day

このように、soが副詞で、such が形容詞なので、それぞれ語順が異なるんです。

【3】so・suchと同じ仲間

上記のような語順になるのは、soやsuch以外にもあります。

結論からいきましょう。

・[so/as/too /how/however]+形容詞+a+名詞

・[such /quite/half/what]+a+形容詞+名詞

上記の単語しかないので、全部しっかりと覚えてください。

1つ1つ例文で確認していきましょう。

・[so/as/too /how/however]+形容詞+a+名詞

まずは、soのグループから見ていきましょう。

・as+形容詞+a+名詞

例 He is as great a pianist as ever lived.
「彼は史上最高のピアニストだ」

・too +形容詞+a+名詞

例 That is too good a story to be true.
「その話は真実には、あまりにうまい話だ」

・how+形容詞+a+名詞

How careless a mistake I have made!
「私はどれほど不注意な誤りをしてしまったんだ!」

・however +形容詞+a+名詞

However great a disappointment he suffered, he never gave up.
「どれだけ落胆しても彼は決してくじけなかった」

・[such /quite/half/what]+a+形容詞+名詞

ここからは、such のグループです。

・quite+a+形容詞+名詞

例 It was quite a cold day yesterday.
「昨日はとても寒い日だった」

・what+a+形容詞+名詞

What a great view the room has!
「その部屋はなんて景色がきれいなんだ!」

以上、soとsuch のグループに分けて例文で確認していきました。

頻度的には、soのグループはsoを筆頭に頻出します。一方で、such のグループは、suchはよく頻出するものの、ほかの単語はあまり出てきません。

【4】so+形容詞+a+名詞の細かすぎる話

少し細かすぎる話をしていきます。
「もうここまででキツイよ」って人は、ここは無視しても良いです。

〈so+形容詞+a+名詞〉は、必ず「a」がつく必要があります。つまり、〈so+形容詞+複数名詞〉や〈so+形容詞+不可算名詞〉はダメって事です。

◯〈so+形容詞+a+名詞〉
× 〈so+形容詞+複数名詞〉
×〈so+形容詞+不可算名詞〉

ちょっと細かいですよね。
具体例で確認してみましょう。

◯ so good a book
× so good books
× so good wine

このように、〈so+形容詞+a+名詞〉は、必ず「a」がつく必要があるんです。

じゃあ、複数名詞や不可算名詞で、このような表現を使いたい時にどうすればいいのか?

そこで、登場するのが「such 」です。such には、そのような制限はありません。

◯ such+a+形容詞+名詞
◯ such+形容詞+複数名詞
◯ such+形容詞+不可算名詞

このように、suchはなんでもOKです。
具体例で確認してみましょう。

◯ such a good book
◯ such good books
◯ such good wine

このように、soは制限が強いのですが、such は制限がありません。

【5】☆ まとめ ☆

・[so/as/too /how/however]+形容詞+a+名詞

・[such /quite/half/what]+a+形容詞+名詞

・so:副詞/such :形容詞

・〈so+形容詞+a+名詞〉は、必ず「a」がつく必要がある。一方で、such はそんな制限はない

英文法の記事一覧はこちら

ここまで読んで頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、興味のある方は鬼塚英介@Englishpandaaをフォローして確認してみてください。