現在完了形と過去形の違い

目安時間:約 3分

 

【1】言葉尻で判別しない

 

   現在完了形は「〜してしまった」で、過去形は「〜した」と言葉尻だけで判別している人がいます。でも、これは単なる言い回しの違いだけで起きている事象も何も変わりません。
   現在完了形と過去形の違いはイメージで考えると簡単です。論より証拠ということで、クイズで確認していきましょう。
 
[クイズ]
   今でも好きなのはどっち?
 
   ① I have fallen in love with her.
   ② I fell in love with her.

 

 

【2】現在完了形は「過去+現在」
 
   改めて注意しておきますが、言葉尻だけでは判別できません。つまり、①「彼女に恋に落ちてしまった」と②「彼女に恋に落ちた」は単なる言い回しの違いで起きている事象は何も変わりませんよね。
   そうではなくて、イメージで考えるべきです。現在完了形は「過去+現在」の線的なイメージでしたよね。
 
   恋---------------------→現在も
 
   こんなイメージなので、現在でも好きなんです。よって答えは①になります。 

 

 

【3】過去形は「離れている」
   
   一方、②は過去形です。過去形の核心は「離れている」です。よって、現在とは離れた事実のみを伝えているのです。現在には触れていませんから、現在のことは不明です。
   ですから、今現在も好きかどうかは不明なんです。ただし、敢えて過去形で書いたってことは「今は違う」って含みがあると考える人が多いようです。だから、おそらく今は好きではないのです。
   もう、気づいた人も多いでしょう。現在完了形と過去形は言葉尻で見るとほとんど同じように見えるのですが、全然違うんです。前の例であれば、全く逆の意味になってしまいますよね。
  
☆ まとめ ☆
・現在完了形は「過去+現在」
・過去形は「過去」のみ

 

カテゴリ:未分類 

この記事に関連する記事一覧

管理人プロフィール

鬼塚 英介 / Eisuke Onituka
予備校講師 / 英語学習コーチ

1984年6月生まれ。北海道出身。

大学進学率1割以下(9割が専門学校や就職)の高校に入学。高3の10月から受験勉強を始める。最初に受けた模試の偏差値は39。現役での受験はセンター5割にも到達せず、志望大学は不合格。その後、ある英語の予備校講師と出会い、効率よい勉強法をすることで成績を劇的に上げられることを知る。

1年間の浪人生活で英語の偏差値は70を超え、地元の北海道大学に合格。大学1年の頃から学習塾、家庭教師、予備校講師などで指導スキルを磨き、独自の勉強法を確立する。

多くの人が英語は丸暗記の教科だと思い込んでいます。無味乾燥な知識の丸暗記から脱却し、「英語のなぜ?」に答え、英語の核心を理解し英語の実力を身につける。「英語は楽しい!」「わかった!」という感動を伝えていく。

最近の投稿
アーカイブ

ページの先頭へ