幸せになりたいならば、
なればいい。
真の生きやすさを追求した
大学受験英語

英単語は「リアリティ」を持つと1度で覚えれる

「英単語を覚えるのが苦手。何回やっても覚えれない。でも、英単語を知らないと英語の勉強は進まないし…。なんか良い方法はないかなぁ」

こういう疑問に答えます。

本記事の内容

・一度で覚える英単語とは

・リアリティのある英単語の紹介

この記事を書いている僕は大学受験英語の講師として10年以上指導してきました。また、丸暗記英語からの脱却をコンセプトに英語の勉強をしています。

【1】英単語を攻略するには

『リアリティのある英単語を増やす』

【2】リアリティのある英単語とは

「リアリティのある英単語」とは一度で覚えれる英単語のことです。

もちろん、一度で覚えれるからと言って、appleとかpenとかのことではありません。例えば、次のような英単語です。

例 stun「びっくりさせる」

どうでしょうか。これだけだと、一度で覚えれませんよね。つまり、「リアリティのない英単語ですね。

でも、次のような説明を加えたらどうでしょうか?

スタンガンの綴りは、「stun gun」です。スタンガンは人をびっくりさせて追い払う道具ですよね。

どうでしょうか。この説明を加えたら、もう一生忘れないのではないでしょうか。つまり、「stun」がリアリティのある英単語に変わったのではないでしょうか。

これこそが「リアリティのある英単語」です。

【3】「リアリティ英単語」の具体例

他にも具体例を挙げていきましょう。

例 remote「遠い」

まだリアリティのない英単語ですね。でも、次のような説明を加えます。

テレビで使う「リモコン」は、「remote control」を短縮したものです。リモコンは、遠くからテレビをコントロールするものですね。

リアリティのある英単語に変わりましたね。

例 book「予約する」

bookは「本」って意味が有名ですが、他にも動詞で「予約する」って意味があるんです。

今のところ、「リアリティのない英単語」ですね。では、次のような説明を加えましょう。

ダブルブッキング(double booking)は二重に予約してしまうことですね。

では、他のリアリティのある英単語をざっと紹介していきます。

・fabric「織物」
ファブリーズはfabric「織物」とbreeze「そよ風」の造語です。

・glow「輝く」
口紅のグロス。

・bind「縛る」
バインダーをイメージすれば覚えれます。

・breeze「そよ風」
薬用ローションにシーブリーズがありますね。

・aesthetic「美的な」
エステをイメージすれば覚えれますね。

・dimension「側面」
3DのDはdimensionです。

・terminal「終点」
ターミネーターは人の命を終わらせる話。

・trigger「きっかけとなる」
銃の引き金のことをトリガーと言いますね。

・feather「羽毛」
「ボクシングのフェザー級」をイメージすれば覚えれます。

【4】リアリティのある英単語のメリット

英単語の攻略のカギは、この「リアリティのある英単語」です。これをいかに増やしていくかが大切です。

なんせ、一度で覚えれるのですから、従来の勉強時間が10分の1くらいに減ります。それに、知的感動で楽しんで学べると思います。

[リアリティのある英単語のメリット]

・1度で覚えれる

・楽しく学べる

【5】おわりに

以上、「リアリティのある英単語」を紹介していきました。こういう風にちょっと工夫するだけで、随分と英単語の勉強が楽になると思います。

こういった英単語を集めた英単語帳を作成しています。随時、勉強しながら、リアリティのある英単語を増やしている感じです。

学習者は自分で見つけている時間はないと思います。こういう作業をするのが、プロ講師の役目かなぁと思い、常日頃、研究しています。