丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

可算名詞にaも複数形のsも付かない

【1】前提の話

まずは、大前提として、「具体的な形がイメージできる」つまり「輪郭がはっきりと見える場合」には冠詞/複数形のs/所有格が付きます。

【英語】不可算名詞を見分ける必殺技を紹介します【by 英語講師】不可算名詞を見分ける必殺技について知りたいですか? 本記事では、不可算名詞を見分ける必殺技について紹介しています。 不可算名詞を見分ける必殺技について知りたい人は必見です!...

【2】可算名詞なのにハダカ

2-1.大きく2つの場合

今回やるのは、可算名詞なのに、冠詞/複数形のs/所有格がつかない、すなわち、「可算名詞なのにハダカ」のパターンです。

結論から言うと、次の2つの場合です。

・機能を表す

・量を表す

上記のとおり。

ひとつひとつ説明していきましょう。

2-2.機能を表す

たとえば、次のとおり。

I go to school.
「私は学校に行きます。」

schoolは可算名詞なのに、ハダカですよね。これは「学校の機能」すなわち「勉強」を表しているからです。「勉強」は「輪郭がはっきりと見える場合」には該当しませんよね。イメージとしては「勉強しにいく」ってイメージです。だから、母親が学校に行く場合は、次のように書きます。

My mother went to the school.

ここで、ハダカのschoolにしてしまうと、「母親が勉強しにいく」って意味になってしまいます。

他にも、例を挙げましょう。

I went to bed at 10pm today.
「今日は22時に寝た。」

I go to church every Sunday.
「私は毎日曜日教会に行きます。 」

可算名詞のbedがハダカで使われているのは、bedの機能、すなわち「睡眠」を表すからです。単純に「じゃだからベットに行け」って言いたい時は“Go to the bed.“です。

可算名詞のchurchがハダカで使われているのは、churchの機能、すなわち「礼拝」を表すからです。単純に信者でもない人が、クリスマスイベントで教会に行く時は、「I will go to the church.」です。

2-3.量を表す

appleは、an appleって書くと、あのリンゴ一個をイメージします。はっきりとしたリンゴの輪郭が見えますよね。

一方で、appleという感じでハダカになると、「ヨーグルトに入ってるリンゴ」や「切られたリンゴ」などをイメージします。これらは、はっきりとした輪郭が見えないですよね。

次の英文の違いはどうでしょうか?

I ate a chicken.

I ate chicken.

前者だと、aが付いているので、しっかりと輪郭が見えます。よって、あの鶏1羽まるごと食べたことになります。一方で、後者だと「焼き鳥」などの鶏肉料理を食べたことになるんです。

2-4.手段を表す場合

最後に補足です。次の英文を見てください。

I go to school by bus.
「私はバスで学校に行っている。」

busは可算名詞だけど、ハダカになっていますよね。このように、by train/bus/carなどの場合は、ハダカで使うんです。これは、「バスという“手段”で」って感じで手段に重きがあるので、手段は輪郭が見えないので、by+ハダカの名詞になります。

【3】まとめ

・「輪郭がはっきりと見える場合」には冠詞/複数形のs/所有格が付く

・可算名詞なのにハダカになるのは、「機能を表す」「量を表す」場合

・by train/bus/carなど

では、ここでおしまいにします。
(`・ω・´)ゞ

ここまで読んで頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、鬼塚英介(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。

Good luck!