丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

関係詞の慣用表現【whatがほとんどです】

【1】関係詞の慣用表現

関係詞の慣用表現はwhatを使ったものばかりになります。

1.what is called「いわゆる」

2.what is 比較級「さらに〜なことに」

3.what S is「現在のS」

4.what S was「過去のS」

5.A is to B what C is to D「AとBの関係はCとDの関係に等しい」

6.what with A and B「AやらBやらで」

7.this is why「こういうわけで」

8.this is how「このようにして」

上記のとおり。

ひとつひとつ例文で確認していきましょう。

1.what is called「いわゆる」

He is what is called a walking dictionary.
「彼はいわゆる生き字引きだ」

直訳すると「呼ばれることには」→「いわゆる」って意味になります。また、同意表現に、what you call、what we callがあります。こちらも直訳すると「人々が呼ぶことには」→「いわゆる」って意味になります。

2.what is 比較級「さらに〜なことに」

He is a novelist, and what is more, he is a scholar.
「彼は小説家だし、さらに学者です」

what is 比較級の代表的な例として次のものをおさえておきましょう。

・what is more「さらに」

・what is better「さらに良いことに」

・what is worse「さらに悪いことに」

これらがよく出るものになります。

ちなみに、what節は名詞節を作るのが原則ですが、今回の場合は副詞節を取っています。

3.what S is「現在のS」

My father made me what I am today.
「父が私を今日の私にしてくれた。」

isの部分は主語によってareやamに変わってきます。直訳すると「私が現在何者なのか?」→「現在のS」って意味になります。

4.what S was「過去のS」

Tom is different from what he was 3 years ago.
「トムは10年前のトムとは違う」

先のwhat S isを過去形にしたので「過去のS」になります。また、isの部分はused to beで置き換え可能です。

Tom is different from what he used to be 3 years ago.

would とused toの共通点と相違点とは?【0】動画で解説 https://youtu.be/7IOVEMzPd9E 【1】 wouldとused toの共通点:「過去の習慣...

5.A is to B what C is to D「AとBの関係はCとDの関係に等しい」

Air is to us what water is to fish.
「空気と人間の関係は、水と魚の関係と同じである」

なぜ、この意味になるのかは少し複雑。元々の形は、A is what C is to D to B.であり、Aが主語、isが動詞、what C is to Dが補語、to Bが副詞句で「AはBにとっては、DにとってCがそうであるものである」→「AとBの関係はCとDの関係に等しい」って意味になりました。

6.what with A and B「AやらBやらで」

What with the strong wind and the heavy rain, I can’t leave the hotel.
強い風やら豪雨やらで、ホテルを出発できません」

なぜこうなるのか?このwhatはsomewhat(幾分)のwhatなのでpartly(幾分)の意味になり「部分的にはA,そしてまた別の部分的にはBという理由で」→「AやらBやらで」って意味になりました。

7.this is why「こういうわけで」

She is beautiful. This is why I like her.
「彼女は美しい。こういうわけで私が彼女が好きだ」

that is whyでも同じ意味になります。ちなみに、this is becauseは「これは〜だからです」って意味で真逆の意味になります。

I like her. This is because she is beautiful.
「私は彼女が好き。なぜなら彼女は美しいから」

「原因 this is why 結果」であり、「結果 this is because 原因」です。記号で表すと「this is whyは→」、「this is becauseは←」です。

8.this is how「このようにして」

This is how cheese is produced from milk.
このようにしてチーズは牛乳から作られる」

ほぼthat is howと同意です。

【2】まとめ

1.what is called「いわゆる」

2.what is 比較級「さらに〜なことに」

3.what S is「現在のS」

4.what S was「過去のS」

5.A is to B what C is to D「AとBの関係はCとDの関係に等しい」

6.what with A and B「AやらBやらで」

7.this is why「こういうわけで」

8.this is how「このようにして」

では、ここでおしまいにします。
(`・ω・´)ゞ

ここまで読んで頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、鬼塚英介(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。

Good luck!