丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【英単語】ceive、ceptの語源から12個の英単語を覚える

【1】英単語 〈ceive、cept〉の語源

結論から言うと、〈ceive、cept〉の語源は「受け取る」です。

〈ceive、cept〉の語源:「受けとる」

〈覚え方〉

「レシーブ(receive)」というのは「相手の打った球を受けること」です。

【2】語源〈ceive、cept〉から覚える英単語

大学受験やTOEICに出るレベルの英単語に絞って、紹介していきます。

1.perceive​​「知覚する」​​​​​​

「完全に(per)受けとる(ceive)」→「知覚する」って意味になりました。

※perはperfect「完全」って意味です。

2.deceive​​「だます」​​​​​​

「真実ではない(de)方向へ受け入れさせる(ceive)」→「〜をだます」って意味です。

※deは「離れる」です。distance「距離」は「di(=de離れた)+stance(立っている)」って意味になりました。

3.conceive​​「想像する」​​​​​​

「たくさんのカケラから共に(con)頭に受け入れる(ceive)」→「想像する」
って意味になりました。

※com「共に」を語源に使った英単語には、community「地域社会」やcommon「共通の」などがあります。

【英単語】com-/con-/co-の語源から45の英単語を覚える【1】英単語〈com-/con-/co-〉の語源 結論から言うと、〈com-/con-/co-〉の語源は「共に」です。 ...

4.accept「受け取る」

〈ac-「その方向へ」+cept「つかみ取る」〉→「受け取る」って意味になりました。

5.anticipate「予想する」

「前もって(anti)把握する」→「予想する」って意味になりました。

6.except「除外する」

〈ex-「外へ」+cept「受け取る」〉→「除外する」って意味になりました。

※ex-「外へ」を語源に使った英単語には、exit「出口」やexport「輸出する」などがあります。

【英単語】exの語源から77個の英単語を覚える【1】英単語〈ex〉の語源 結論から言うと、〈ex〉の語源は「外へ」です。 〈ex〉の語源:「外へ」 ...

7.intercept「横取りする」

〈inter-「間の」+cept「受け取る」〉→「横取りする」って意味になりました。

※ inter-「間の」を語源に使った英単語には、interview「面談」やinternational「国際的な」などがあります。

※サッカーやバスケなどで「インターセプト」はパスを横取りする行為ですよね。

8.occupation 「占領、職業」

cup「受け取る」にだけ着目して「占領」って覚えてください。人生のほとんどを占領しているのは「職業」ですね。

9.participant「参加者」

〈part「部分」+cip「受け取る」-+ant「人、もの」〉→「参加者」です。

※〜antは「人」って意味になります。assistant「アシスタント」やinhabitant「住人」など。

10.purchase「買う」

「前へ(pur)手を伸ばして受け取る」→「買う」って意味になりました。

11.receipt「レシート」

〈re-「後ろへ」+cept「受け取る」〉→「レシート」です。

※日本語でも「レシート」って言いますよね。意外と発音の仕方が分からなくて、「レシート」って気づかない人も多いです。

12.receive「受け取る」

〈re-「後ろへ」+ceive「受け取る」〉→「受け取る」って意味になりました。

※バレーのレシーブはボールを受け取るプレーですよね。

 

他にも、〈ceive、cept〉を使った英単語には次のようなものがあります。

・recipe「レシピ」

・concept「コンセプト、概念」

・inception「 手に取って始めること」

以上、〈ceive、cept〉の語源について解説していきした。

では、ここでおしまいにします。
(`・ω・´)ゞ

Good luck!

語源で覚える英単語一覧