丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【英語】speak/talk/tell/say の使い分けを解説します【初心者向け】

【1】speak/talk/tell/say の使い分け

結論から言いますね。

speak/talk は自動詞で、tell/sayは他動詞。また、speakは一方的に話し、talkは双方向で話す。tellは「人に伝える」ことに核心があり、sayは「発言内容」に核心があります。

・speak:自動詞。一方的に話す。

・talk:自動詞。双方向で話す。

・tell:他動詞。「人に伝える」が核心。

・say:他動詞。「発言内容」が核心。

ひとつひとつ説明していきますね。

・speak/talk

speakとtalkは同じ自動詞ですが、speakは「一方的に話す」場合で、talkは「双方向で話す」場合です。

例 I spoke about my dream.
「私は自分の夢について話した」

これは、一方的に話している場合ですよね。

例 We talked about our dreams.
「私たちは自分の夢について話し合った」

この場合は、双方向で自分の夢について語り合っている感じですよね。

このように、speakは「一方的」であり、talkは「双方向」ですね。

覚え方は、次の通りです。

・speak → スピーチ(speech)の語源はspeakと同じです。スピーチは一方的に話しますよね。あとは、スピーカー(speaker)も、もちろん一方的ですね。

・talk → 「アメトーク」という番組は、芸人さんたちと、司会の雨上がり決死隊が双方向で話している番組ですね。

最後に、次のクイズを考えてみてください。

[クイズ]
次の恋人は今後、結婚する?別れる?

He and she spoke sometimes, but rarely talked.

speakは「一方向」で、talkは「双方向」でしたね。なので、日本語訳は次のようになります。

「彼と彼女は一方が一方的に話しかけることはたまにあるが、一緒に話し合うことは滅多になかった」

こんな状況だと、今後別れる可能性が高いかもしれませんね。

・tell/say

tellとsayは同じ他動詞ですが、tellは「人に伝える」ことに核心があり、sayは「発言内容」に核心があります。

例 He told me the truth.
「彼は私に真実を話した」

tellは「人に伝える」が核心にあるので、次のような語法を取ります。

・tell+人+物

・tell+人+to〜

・tell+人+of〜

tell+人+物 は上記の例文で、tell+人+to〜 は次のような文です。

例 The teacher told me to study.
「先生は私に勉強するように言った」

tell+人+ofの例文も確認しましょう。

例 He told me of his father’s death.
「彼は父親の死について私に話した」

このように、tellは「人に伝える」が核心にあるので、目的語に「人」がくる語法を取りやすいです。

次に、sayの例文も確認しましょう。

例 He said that he was sick.
「彼は病気だと言った」

このように、tellとは違って目的語に「人」がきていませんね。これは「発言内容」に重きがあるからです。

もし、「人に」って言いたい場合は、〈say to 人 that〉というように、付け足します。例えば、次の通りです。

例 He said to me that he was sick.
「彼は私に病気だと言った」

このように、〈tell+人+that〉と〈say to 人 that〉といった感じで、かなり変わってくるんですよね。

・speakについての補足

最後に、speakについて補足です。

・原則:自動詞

・例外:speak+言語→他動詞

上記の通りです。

例文で確認しましょう。

例 I spoke about my dream.
「私は自分の夢について話した」

このように、原則、自動詞です。

例 I can speak English.
「私は英語を話すことができる」

このように、言語の場合は他動詞に変わるんです。

実際、speakを他動詞だと思っている人が多いです。その理由は中学生の頃に最初に「I speak English」と教わるからです。

最初に教わった方が原則だろうと思ってしまうわけです。

でも、あくまで原則、自動詞であり、例外的に言語の場合は他動詞になります。

【2】“speak/talk/tell/say” 以外の単語

“speak/talk/tell/say” 以外にも、次のような「言う」系の英単語があります。

・自動詞:refer

・他動詞:discuss、mention

それぞれ、例文を挙げていきますね。

・自動詞:refer

refer to 〜 という形で「〜に言及する」という自動詞です。

例 The teacher refered to the book.
「先生はその本に言及した」

ちなみに、refer to〜は「〜を参照する」って意味もあります。

例 I often refer to the dictionary.
「私はよくその辞書を参照する」

いずれにせよ、refer は自動詞です。

・他動詞:discuss、mention

まずは、discuss「議論する」の例文をみていきましょう。

例 We discussed the matter.
「私たちはこの問題について議論した」

このように、discussは他動詞になります。

次は、mentionの例文を挙げていきますね。

例 He mentioned the accident.
「彼はその事故のことを話した」

このように、mentionは他動詞です。

【3】tell型 と say型

最後に、tell型とsay型の話をしていきますね。

繰り返しになりますが、tellとsayのポイントを確認しておきましょう。

・tell:他動詞。「人に伝える」が核心。

・say:他動詞。「発言内容」が核心。

上記の通りです。

・tell型の動詞

そして、tell は「人に伝える」が核心なので、次のような型をとるという話をしていきました。

・tell+人+物

・tell+人+to〜

・tell+人+of〜

実は、tell以外にも、同じような型を取る動詞があるんです。

次の動詞はtellと同じ型をとる動詞です。

①tell「伝える」

②remind「思い出させる」

③convince「納得させる」

④persuade 「説得する」

⑤warn「警告する」

⑥notify「知らせる」

⑦inform「知らせる」

これらの動詞は、「tell型の動詞」と呼ばれ、tellと同じ型をとります。

一応、細かいことを言うと、informだけは、〈inform+人+to〜〉の型は取れません。

こうやって、整理することで、一気に覚える量が激減します。こういう工夫が必要ですね。

・say型の動詞

sayは「発言内容」が中心なので、次のような型を取るんでしたよね。

say(to+人)that 〜

このsayと同じ型を取る動詞が次の通りです。

① say

② suggest「提案する」

③ propose「提案する」

④ demand「要求する」

⑤ insist「主張する」

⑥ explain 「説明する」

これらの動詞は、あくまで「発言内容」に重きがあるので、〈say(to+人)that 〜〉の型をとります。

【4】まとめ

・speak:自動詞。一方的に話す。

・talk:自動詞。双方向で話す。

・tell:他動詞。「人に伝える」が核心。

・say:他動詞。「発言内容」が核心。

・自動詞:refer

・他動詞:discuss、mention

・tell型:〈tell+人+物〉〈tell+人+to〜〉
〈tell+人+of〜〉

・say(to+人)that 〜

・tellと同じ型をとる動詞:①tell「伝える」②remind「思い出させる」 ③convince「納得させる」④persuade 「説得する」⑤warn「警告する」⑥notify「知らせる」 ⑦inform「知らせる」

・sayと同じ型を取る動詞:① say② suggest「提案する」③ propose「提案する」④ demand「要求する」⑤ insist「主張する」⑥ explain 「説明する」

英文法の記事一覧