丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

仮定法未来も丸暗記不要!

【0】動画で解説

 

結論からいきましょう。

 

☆ポイント☆
If節は〈should〉と〈were to〉の2パターン。
〈should〉の場合は主節が〈命令文〉、〈will〉、〈would〉の3パターン。
〈were to〉の場合は、〈would〉の1パターンのみ。

 

 

複雑ですね。
例文で確認していきましょう。

 

 

【1】If節が〈were to〉の場合

 

例 If she were to know that, she would get angry.
「仮に彼女がそれを知ったら、彼女は怒るだろう。」

 

〈If+S+were to〜,S+助動詞過去形+原形…〉です。
If節が〈were to〉の場合は、この1パターンのみです。

 

 

【2】If節が〈should〉の場合

 

こちらは主節が命令文、will、wouldの3パターンあります。

 

[命令文]
例 If anyone should call, let me know.
「だれか電話をしてきたら教えてください」

 

[will]
例 If I should live to be a hundred, I will never understand Picasso.
「万一100歳まで生きても、私はピカソを理解できないだろう」

 

[would]
例 If you should fail, your parents would be disappointed.
「万一君が失敗したら、ご両親は失望するだろう」

 

この中で、もっとも頻出するのは、[命令文]のパターンです。

8割は命令文と考えていいです。

 

 

【3】仮定法未来の違和感

 

ところで、仮定法未来のところで、なんか違和感を感じる部分がありませんか?
どうでしょうか?
「えっ!仮定法なのに???」みたいな。

 

そうです!

仮定法って「時制が1つ過去にズレる」というのが核心でしたよね。

(詳しくは︎  仮定法の公式は丸暗記不要!【丸暗記英語からの脱却】  )

 

にもかかわらず、[命令文][will]って時制が過去にズレていませんよね。

 

これってなんでだと思いますか?

今まで説明してきた仮定法過去や仮定法過去完了では、必ず時制が1つ過去にズレていました。
にもかかわらず仮定法未来では時制が過去にズレていない場合があるのです。

 

そもそも、仮定法未来だけ公式のパターンが多くありませんか?
仮定法過去や仮定法過去完了はそれぞれ1パターンしかありませんでしたよね。

さて、どうでしょうか?
では、そもそも答えを発表しましょう!

 

『あり得なくはないから』

 

そうなんです!
あり得なくはないんです。
万が一があるかもしれません。未来のことはわからないのです。

 

例えば、「僕が昨日死んでいたらどうする?」って言ったら、絶対にあり得ませんよね。
今生きているんで。
だから過去に対しての妄想は絶対違うと言い切れます。

 

同じように「僕が今死んでいたらどうする?」って言ったら、絶対にあり得ませんよね。
今生きているんで。
だから現在に対しての妄想は絶対違うと言い切れます。

 

でも、未来に対してはどうでしょうか?
例えば、「俺が明日死んだらどうする?」みたいに。

でも、万が一があるかもしれません。

0.00000001%の確率であるかもしれませんよね。

よって、こういう場合に時制が過去にズレない場合が出てくるのです。

仮定法で過去にズレるのは、「あり得ない感を明示するため」でしたね。

(※詳しくは 仮定法で過去にズレる理由とは?【高校英語文法】)

でも、これあり得ちゃうかも?って時には、過去にズラさないのです。

 

だから、shouldの場合は、「万が一〜」って訳が充てがわれているのです。
「もしかしたら…」があるのです。

また、そんなわけで、あり得る感のパーセンテージ的に、さまざまなバリエーションが必要になってくるわけです。

 

 

【4】〈were to 〉はなぜ1パターンのみ?

 

ところで、if節が〈were to 〉の場合は、なぜ「would」の1パターンのみなのでしょうか?

 

if節が〈should〉の場合は、「命令文」「will」「would」の3パターンありますよね。
でも、「would」は1パターンのみです。

 

実は、〈were to 〉は、あり得る・あり得ないを、とりあえず脇においての、完全妄想の話だからなんです。
完全妄想だから「would」の1パターンのみなんです。

 

よく教科書的な説明だと、絶対にあり得ない時に、〈were to 〉を使うと教わるのですが、それは嘘です。
あり得る・あり得ないは関係ありません。
完全妄想の話の時に使うのです。

 

例えば…

会社の面接で

「もしあなたがこの会社に採用されたら、何をしたいですか?」

 

みたいな場合に、were to が使われます。
これって絶対ありえない話じゃありませんよね。

それだったら、面接を受けている人も完全にやる気を失ってしまいます。
そうじゃなくて、あり得る・あり得ないをとりあえず置いといてって話なんです。

 

以上、このように完全妄想の話だから、〈were to 〉は、「would」の1パターンしかないのです。

 

 

☆ まとめ ☆

 

・If節は〈should〉と〈were to〉の2パターン。
〈should〉の場合は主節が〈命令文〉、〈will〉、〈would〉の3パターン。
〈were to〉の場合は、〈would〉の1パターンのみ。
・未来はあり得なくはないから、様々なバリエーションがある。
・〈were to 〉は完全妄想の話だから「would」の1パターンのみ