丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

接続詞のthe way【成り立ちも解説】

オオカミ君
オオカミ君
the wayに接続詞があるって聞いたけど、本当か?

パンダ君
パンダ君
うん、見た目は接続詞っぽくないけど、接続詞の働きがあるよ。今日は、このthe wayについて解説していきましょう!

【1】接続詞のthe way

パンダ君
パンダ君
結論から言うと、次のとおり。

[接続詞のthe way]

名詞節:〜する方法(=how)

副詞節:〜するように(=様態のas)

オオカミ君
オオカミ君
ふむふむ。the wayに接続詞があること自体、驚きたけど、節が2パターンあるんだな。なんか難しい。

パンダ君
パンダ君
うん、そうなんだよね。では、一つ一つ解説していきましょう。

1-1.名詞節のthe way

IT has changed the way we work.
(ITが働き方を変えた)

パンダ君
パンダ君
このように、名詞節のthe wayは「〜する方法(=how)」って訳します。the way節はchangedの目的語になっており、名詞節です。

オオカミ君
オオカミ君
ふむふむ。でも、やっぱり、the wayが接続詞ってのがピンとこない…。

パンダ君
パンダ君
成り立ちを話すと、the way howっていうのがダメだから、howが省略されてthe wayだけが残った形なんだよね。

オオカミ君
オオカミ君
ほーう、そういう成り立ちだったのか!

1-2.副詞節のthe way

Do it the way I told you.
(私が言ったようにやりなさい)

パンダ君
パンダ君
副詞節のthe wayは「〜するように(=様態のas)」って訳します。

オオカミ君
オオカミ君
うーん。the wayが副詞節っていうのが、なんか違和感だな。

パンダ君
パンダ君
そうだよね。これも成り立ちを話すと、イメージとしては、in the wayのinが省略されている感じです。

オオカミ君
オオカミ君
なるほど!それで、the wayが副詞節ってことになるのだな。

では、ここでおしまいにします。
(`・ω・´)ゞ

ここまで読んで頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、鬼塚英介(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。