丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
TOEIC

【断言】TOEICのリスニング練習方法は1つだけ【英語講師が語る】

TOEIC学習者
TOEIC学習者
「TOEICのリスニング練習方法を知りたいなぁ。全く知識がないので、初心者でも実践できる方法を知りたいです。」

こういった疑問に答えます。

この記事を書いている僕は、英語講師として10年以上指導。「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに勉強・発信しています。現在は、TOEICの勉強・研究に力を入れています。

【1】TOEICのリスニング練習法

結論から言うと、「TOEICの教材を繰り返す」です。

シンプルかもですが、これが本質です。

よくやりがちな間違えた方法は次のとおり。

・洋画や海外ドラマで学習する

・洋書をたくさん読む

・CNNやTEDなどを聴く

上記のとおり。

一見、効果がありそうですが、TOEICのリスニングの練習方法は不適当です。

理由は、『TOEICはパターンが決まっている』から。

・TOEICのよくある広告のパターン

たとえば、次のとおり。

・導入

・自慢話、特典

・問い合わせ先

上記のとおり。

このパターンを知っているだけで、ずっと聞きやすくなりますよね。それに、なんとなく予想できちゃうので、聞き取れなくても正解できるなんて事もあります。

【2】具体的な練習方法

おすすめは、次のとおり。

・まずはガチで解く

・「もう限界」ってまで聞く

・答えの本文を見ながら聞く

・本文を見ないで聞き直す

上記のとおり。

僕的には、2番目の「もう限界」ってまで聞くが大切だと思っています。

・シャドーイングは初心者には無理

「シャドーイングが良い」って聞くけど、初心者にはおすすめしません。

理由は、かなり難易度が高いからです。

実際、僕も英語には自信があったけど、シャドーイングをやっていたら、無駄に疲れて、やる気を失いました。

・おすすめは公式問題集

学習教材のおすすめは、「TOEIC公式問題集」。

理由は、「本番の試験に最も近いから」です。

実は、TOEICは過去問がありません。そして、TOEIC公式問題集は、TOEIC本番の試験を作成しているか会社が作っています。

なので、TOEIC公式問題集がおすすめです。

【3】補足:スキマ時間を活用しよう

スキマ時間を使えば、学習時間は激増します。

英語学習は、場所を選ばず、できちゃいます。
たとえば、僕の場合は次のような感じ。

・駅から家までの歩く時間

・電車に乗っている時

・仕事前の喫茶店

・休憩時間で街を歩く時

・駅から家までの歩く時間

上記のとおり。

スキマ時間だけで、毎日2時間以上は、学習しています。

・歩きながら聞くのがおすすめ

座りながらよりも、歩いて聞くのが良いです。

理由は、「脳が活性化されるから」です。

実際、音楽を聴くよりもテンションが上がってくるから、不思議です。ちょっと気持ち悪く聞こえるかもですが、、、(^_^;)

今回は以上です。
TOEIC教材を使って、何度も繰り返して聴くようにしましょう。

【2020年最新版】TOEICリスニング参考書ランキング5選【現役英語講師が厳選!】 こういう疑問に答えます。 この記事を書いている僕は、大学受験の英語予備校講師として10年以上指導。現在は、TOEICの勉強...