丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【英語】接続詞をすべて紹介していきます【全種類公開!】

Contents

【1】「時」を表す接続詞

まずは、時を表す接続詞です。

・when「~するとき」

・while「~する間」

・before「~する前に」

・after「~する後に」

・till / until「~までずっと」

・by the time「~までには」

・since「~以来」

・every time / each time / any time「~するときはいつでも」

・the first time 「初めて~するとき」

・the next time「次に~するときは」

・the last time「この前〜したとき」

上記の通りです。

例文で確認していきますね。
ポイントは、〈接続詞 SV 〜,SV…〉という形をとってくることです。要は、副詞節を取っているなぁってことを確認しながら、例文を見ていきましょう。

・when「~するとき」

I read books when I am free.
(暇な時は読書をする)

・while「~する間」

Nancy was sleeping while I was studying.
(私が勉強している間、ナンシーは寝ていた)

・before「~する前に」

Wash your hands before you eat.
(食べる前に手を洗いなさい)

・after「~する後に」

I watched a movie after I came home.
(家に帰ったあと、映画を見た)

・till / until「~までずっと」

I waited till he came.
(彼が来るまで待っていた)

※ tillとuntilの違いは、気にする必要はありません。

・by the time「~までには」

Finish your homework by the time she comes home.
(彼女が帰ってくるまでには宿題を終わらせなさい)

by the timeは「意外な接続詞」です。あまり接続詞のイメージがありませんよね。でも、接続詞なんです。よって、“ By the time SV 〜,SV…”という形をとってくるんです。要するに、副詞節を取ってきます。

・since「~以来」

I have lived in Japan since I was born.
(生まれてからずっと日本に住んでいます)

・every time / each time / any time「~するときはいつでも」

Every time I visit his house, he is absent.
(彼の家を訪ねるときはいつでも、彼は不在である)

・the first time 「初めて~するとき」

The first time I met her, I liked her.
(わたしが初めて彼に会ったとき、私は彼女が好きになった)

・the next time「次に~するときは」

The next time I come to this store, I will buy it.
(次回このお店に来るとき、それを買うよ)

・the last time「この前〜したとき」

He was so tired the last time I saw him.
(私がこの前彼を見た時、彼は疲れていた)

以上、「「時」を表す接続詞」について解説していきました。

【2】「条件」を表す接続詞

次は「条件」を表す接続詞です。ここは色々と説明する必要があります。その前に、まずは一覧を挙げていきます。

・if「もし~なら」

・unless「~しない限り」

・once「いったん~すると」

・in case「~の場合は」「~するといけないから」

・for fear that 「~するといけないから」

・lest「〜しないように」

・as long as 「~する限りは」(時・条件)

・as far as 「~する限りは」(範囲・制限)

・suppose / supposing / provided / providing「もし~なら」

・assuming「 ~と仮定すれば」

・on condition that「~という条件で」

・given(the fact)(that)「~を考慮すると」

上記の通りです。

例文で確認していきましょう。

・if「もし~なら」

If it rains tomorrow , I won’t go out.
(もし明日雨ならば、外出しない)

・unless「~しない限り」

You cannot watch TV unless you finish your homework.
(宿題を終えない限りはテレビを見ることはできない)

unlessとif notの違いについては、次の記事をご参照ください。

【英語】unless と if not の違いを解説します【試験で使える必殺技】unless と if not の違いについて知りたいですか? 本記事では、unless と if not の違いについて解説していきます。 unless と if not の違いについて知りたい人は必見です!...

・once「いったん~すると」

Once you begin, you’ll enjoy it.
(いったん始めれば、楽しくなるよ)

副詞のonce「かつて」「1度」との区別が大切です。接続詞のonceは“Once SV 〜,SV…”という形をとってきます。一方、副詞のonceは、“Once SV 〜.”という形になります。

・in case「~の場合は」「~するといけないから」

In case you are in trouble, call me immediately.
(困ってる場合は、、すぐに私に電話をください)

Take your umbrella in case it rains.
(雨が降るといけないから傘を持って行きなさい)

in case は意外な接続詞ですよね。見た感じ、接続詞とは思いつきづらいですよね。
また、2つ目の意味の「〜するといけないから」って意味に注意が必要です。なんせ、否定の要素が見当たらないのに否定で訳すんですよね。

・for fear (that) 「~するといけないから」

He worked hard for fear (that) he should fail.
(彼は失敗するといけないので熱心に勉強した)

・lest「〜しないように」

Make haste lest you (should) be late.
(時間に遅れないように急ぎなさい)

・as long as 「~する限りは」(時・条件)

As long as you are quiet、you can be here.
(静かでいる限り、ここにいることができるよ)

・as far as 「~する限りは」(範囲・制限)

As far as I know,he is honest.
(私が知る限り、彼は正直です)

・suppose / supposing / provided / providing「もし~なら」

Suppose (that) it rains, we will put off the game.
(雨ならば、試合を延期しましょう)

・assuming (that)「 ~と仮定すれば」

Assuming that it’s true, what should we do?
(それが本当だとしたら,どうしたらいいのだろう)

・on condition that「~という条件で」

I will do it on condition that I am paid.
(金をもらえるならそれをしよう)

・given(the fact)(that)「~を考慮すると」

Given the fact that she is a child, it is no wonder that she got lost.
(彼女が子供だということを考慮すると、迷子になるのも無理はない)

【3】「条件」を表す接続詞 (補足)

・as long as と as far as の使い分け

as long as と as far as は両方とも「〜する限り」って意味です。このように日本語にすると全く同じ言葉になってしまうので、この判別がよく試験に出るんです。

では、この判別方法を紹介します。〈as long as〉は「条件」で、〈as far as 〉は「条件じゃない」って覚えてください。

as long as〉は「条件」
as far as 〉は「条件じゃない」

これで簡単に両者を判別することができます。論より証拠ということで、問題で確認していきましょう。

[問題]
〈as long as〉または〈as far as 〉を入れてください。
⑴ ( ) you are quiet、you can be here.
⑵ ( ) I know,he is a teacher.

どうでしょうか?⑴は「あなたは静かでいる限り、ここにいてもよい」って訳せますよね。⑵は「私が知る限り、彼は先生です」って訳せますよね。このように、両方とも「〜する限り」って訳せるのですが、一方には〈as long as〉が入り、もう一方には〈as far as 〉が入るんです。

まずは⑴からです。これは条件です。静かでいることが、ここにいることの条件ですよね。うるさくしてしまうと、ここにいれないわけです。よって、条件ですから答えは〈as long as〉になります。

⑴ ( as long as ) you are quiet、you can be here.

次は⑵です。これは条件ではありません。私が知っていようが知っていなかろうが、彼は先生ですよね。よって、条件じゃありませんから答えは〈as far as 〉です。

⑵ ( as far as ) I know,he is a teacher.

ちなみに、as far asは、ある程度パターンが決まっています。

・As far as I know:私が知っている限り

・As far as I’m concerned:私に関する限り

・As far as I can see:私が見る限りでは

・suppose / supposing / provided / providing

次の4つは「もし〜ならば」って訳す接続詞です。

「もし〜ならば」
suppose supposing provided providing

どれも接続詞っぽくないですよね。かなり意外な接続詞と言えます。そして、厄介なのが“supposed”と“provide”が無いってことです。つまり、ここをうろ覚えだと、空所補充問題で選択肢に“supposed”などがあったりしちゃうと、そういえばこんなのあったかな〜って言って、これを答えにしてしまうんです。

ですから、この4つは正確に覚えてください。できれば100回くらい「suppose / supposing / provided / providing 」と声に出して言うと覚えることができます。

・Twitterで問題を出してみたところ...

パンダ君
パンダ君
解答は上記のツイートをクリックして確認してね

【4】その他の接続詞

他の接続詞はそれほど複雑ではありませんから、一気に紹介していきます。

① 対比

・while「~する一方で」

・whereas「~する一方で」

Tom likes dogs, while Nancy likes cats.
(トムは犬が好きな一方で、ナンシーはネコが好きだ)

Some people like coffee, whereas others like tea.
(コーヒーの好きな人もいる一方で、紅茶の好きな人もいる)

② 理由

・because「~だから」

・since 「~だから」

・now that「今やもう~だから」

I am lonely because I am alone.
(一人だから寂しいよ)

Since my wife got pregnant, I need to get a job.
(嫁が妊娠したので、仕事を見つけなきゃ)

Now that you have finished your work, you can go home.
(あなたはもう仕事を終えたのだから、家に帰ってもよい)

now that「今やもう~だから」は理由を表す接続詞なんです。nowもあるからなんとなく「時」を表す接続詞かな?って思ってしまうんですが、「理由」を表す接続詞なんですよね。

③ 譲歩

・though/ although「 ~だけれども」

・even if「たとえ~でも」

・even though「たとえ~でも」

・whether「~であろうとなかろうと」

Though the problem was very difficult, he solved it easily.
(その問題はとても難しかったが,彼は簡単に解いてしまった)

I will go on a picnic even if it rains.
(雨が降っても、おれはピクニックはいく)

Even though she is my brother, I do not lend any money.
(たとえ弟とはいえ、お金は一銭も貸さない)

Whether he comes or not, the result will be the same.
(彼が来ようが来まいが結果は同じだろう)

④ 様態

・as「~のように」=the way

・as if / as though「まるで~のように」

You should do as you was told.
(あなたは言われたようにするべきです)

It looks as if he were sick.
(彼はまるで病気のように見える)

⑤ 場所

・where「~するところで」

Where there is a will, there is a way.
(意志あるところに道は開ける)

【5】その他の接続詞の補足

・while〜ing

while〜ingの形を良く見ることがあります。

While staying in London, I visited my uncle.
(ロンドンの滞在中、私は叔父の元を訪れた)

実は、これは接続詞残しの分詞構文です。
(詳しくはこちらをご覧ください)

ちなみに、duringは前置詞ですが、during〜ingの形は気持ち悪いので、While〜ingの形をよく見ることがあります。

・becauseとsinceの違い

becauseは新情報で、sinceは旧情報です。

I am lonely because I am alone.
(一人だから寂しいよ)

Since my wife got pregnant, I need to get a job.
(嫁が妊娠したので、仕事を見つけなきゃ)

新情報は文の後ろにおくことが多いので、“Because SV〜, SV…”よりも、“SV… because SV〜”の形で見ることが多いです。sinceはその逆です。

・even if とeven thoughの違い

even if」の後には「仮定」の内容、「even though」の後には「事実」の内容がきます。

I will go on a picnic even if it rains.
(雨が降っても、おれはピクニックはいく)

Even though she is my brother, I do not lend any money.
(たとえ弟とはいえ、お金は一銭も貸さない)

【6】「〜するとすぐに」

「〜するとすぐに」って表現は次のようにたくさんあります。

・As soon as

・The moment / The minute / The instant

・directly / immeidiately / instantly

・No sooner 〜 than …

・Hardly[Scarcely] 〜 when[before] ….

・On 〜ing

まず言えることは、どれも意外な接続詞ってことです。どれも“ 接続詞 + SV〜,SV…”という形をとるわけです。たとえば、As soon asを例に挙げて例文で確認しましょう。

I went to sleep as soon as I got home.
(私は家に帰ってすぐ寝ました)

このas soon asの部分に他のThe moment / The minute …などが入るわけです。

・no sooner 〜 than …

no sooner 〜 than … は異常なくらいに試験に出ます。というのも、色々とポイントがあるんです。まずはこれで「〜するとすぐに…」って意味を取るということです。例文で確認しましょう。

He had no sooner gotten home than it stopped raining.
(彼が家に帰るとすぐに雨がやんだ)

実は、“no sooner 〜 than …”はこの形ではあまり見ません。この文は通常は次のように書かれています。

No sooner had he gotten home than it stopped raining.
(彼が家に帰るとすぐに雨がやんだ)

そうなんです!No soonerが前に飛び出した状態で見ることがほとんどなんです。そして、その後ろは疑問文の語順になっています。

これは強制倒置と呼ばれるものです。強制倒置とは「文頭に否定の語句が来ると疑問文の語順になる」。

よって、no sooner は否定語句ですから、強制倒置で後ろが疑問文の語順になっているんです。色々と複雑ですよね。

ちなみに、主節のほうは、今回のように過去完了形が使われることがほとんどです。

・Hardly[Scarcely] 〜 when[before] ….

〈Hardly[Scarcely] 〜 when[before] …〉は前のno sooner 〜 than…と同じように考えればOKです。これで「〜するとすぐに…」って意味です。一応、[Scarcely] と[before] も載せておきましたが、この2つはほとんど出ません。例文で確認しましょう。

I had hardly started when my car got a flat tire.
(出かけようとしたとたん、車がパンクした)

この文もあんまり見ません。やはり次のようにhardlyが文頭に移動して強制倒置の文がほとんどです。

Hardly had I started when my car got a flat tire.

hardly は「ほとんど〜ない」って意味ですから否定語句ですので、強制倒置が起こります。また、no sooner 〜 than … と同様に、主節には過去完了形が来ることが多いです。

【7】おわりに

以上、すべての接続詞を挙げていきました。

では、ここでおしまいにします。
(`・ω・´)ゞ

ここまで読んで頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、鬼塚英介(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。

Good luck!