丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

関係副詞(where.when.why.how)  【非限定用法なども】

【1】関係副詞(where.when.why.how)

関係副詞は、次の4つです。

先行詞 関係副詞
when
場所 where
理由 why
方法 how

ただし、howは名詞節しか取らないので、先行詞は取りません。つまり、the way howはダメです。詳しくは後ほど解説していきますね。

それぞれの例文を確認していきましょう。

・先行詞が「時」→ when

先行詞が「時」の場合は、whenです。

I remember the day when I met her for the first time.
(私は初めて彼女に会った日を覚えている)

・先行詞が「場所」 → where

先行詞が「場所」 の場合は、 whereです。

This is the place where he lives.
(これは彼が住んでいる場所です)

先行詞が「理由」→ why

I don’t know the reason why she is angry.
(彼女が怒っている理由がわからない)

先行詞が「方法」→ how

先に説明した通り、the way how はダメです。

This is how I learned English.
(これが私が英語を学んだ方法です)

【2】話を深堀りしていきます。

ここまででキツイって人は、サラッと読むだけでOKです。

次の7つについて説明していきます。

・the way how はダメ

・whereの意外な先行詞

・先行詞とwhenが離れる場合

・先行詞の省略が起こる

・前置詞+関係代名詞=関係副詞

・関係副詞の非限定用法

・whichとwhereの判別

上記の通りです。

順番に説明していきますね。

・the way how はダメ

the way how はダメなんです。

なぜならば、howは「形容詞節」ではなくて、「名詞節」しか取れないからです。

もうちょっとくだけた言い方をすると、the way howだと「やり方方法」ってじで意味がかぶってしまうからです。

たとえば、「サッカーのやり方を教えて」などは自然ですが、「サッカーのやり方方法を教えて」は不自然ですよね。

そこで、次のように、どちらか一方を消せばOKです。

・the way を消してhowだけにする

・howを消してthe wayだけにする

例文を挙げましょう。

× This is the way how I learned English.

︎ This is how I learned English.

︎ This is the way I learned English.
(これが私が英語を学んだ方法です)

また、次のように、表すことも可能です。

This is the way in which I learned English.

・whereの意外な先行詞

whereの先行詞は「場所」ですが、意外な先行詞として、次のようなものもあります。

・case(場合)

・situation(状況)

・point(点)

・circumstance (状況)

・condition (状態、条件)

・environment (環境)

・example (例)

・context (文脈、背景、場面)

…など。

case(場合)は、whenを使いそうですが、whereです。場所の“場“が付いているからwhereと覚えると良いです。また、場合=状況なので、situationもwhereを使います。

ちなみに、occasion(場合)はwhenを使います。caseは静的な感じで、occasionは動的な感じだからです。

・先行詞とwhenが離れる場合

次のように、先行詞とwhenが離れる場合があります。

The time will come when your dreams will come true.
(あなたの夢が叶う時が来る)

・先行詞の省略が起こる

関係副詞では、先行詞が省略されることがあります。

[when]

I remember the day when I met her for the first time.

I remember when I met her for the first time.
(私は初めて彼女に会った日を覚えている)

[where]

This is the place where he lives.

This is where he lives.
(これは彼が住んでいる場所です)

[why]

I don’t know the reason why she is angry.

I don’t know why she is angry.
(彼女が怒っている理由がわからない)

・前置詞+関係代名詞=関係副詞

前置詞+関係代名詞を、whenwhereに置き換えることができます。

Japan is the country in which he lives.

Japan is the country where he lives.
(日本は彼が住んでいる国だ)

I remember the day on which I met her.

I remember the day when I met her.
(私は彼女に会った日を覚えている)

・関係副詞の非限定用法

関係副詞の非限定用法(,whereなど)は、次のように書き換えます。

・ , where=and there

・ , when= and then

whyとhowにはこのような用法はありません。

例文で確認しましょう。

I went to Tokyo, where I met her.

I went to Tokyo, and there I met her.
(私は東京に行き、そしてそこで彼女に会った)

I got up at 5, when I took a shower.

I got up at 5, and then I took a shower.
(私は5時に起き、そしてシャワーを浴びた)

最後に補足として、andの他に、butやfor(というのも〜だから)もありますが、基本的には、andが多いです。

・whichとwhereの判別

これについては、次の記事をご参照ください。

【英語】関係詞のwhichとwhereの判別方法【1】関係詞のwhichとwhereの判別方法 結論からいきましょう。 ・which:うしろ不完全文 ・whe...

【3】おわりに

以上、「関係副詞(where.when.why.how) 」について解説していきました。

英文法は、読解も含めて英語の学習の最も基本となります。

英文法の勉強で大切なことは、参考書を理屈抜きに丸暗記するのではなく、きちんと理解しながら、学んでいくことです。英文読解も結局のところ、問われるのは基本的な英文法の理解です。

ちなみに、この理解して英文法を学ぶのに、「スタディサプリ」という動画の授業がおすすめです。14日間無料体験ができて、いつでも解約可能なので、ぜひ試してみてください。

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。


 ここまで読んで頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、興味のある方はパンダ(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。

パンダ君
パンダ君
これからも、パンダを応援してね