丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語 PR

result inとresult fromの違いは?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

【0】動画で解説

【1】result in 対 result from

結論から言うと、次のとおり。

・原因 result in 結果

・結果 result from 原因

上記のとおり。

パンダ先生
パンダ先生
似ているように見えるけど、全く逆の意味になるんだね。

では、例文で確認していきましょう。

・原因 result in 結果

Eating too much candy can result in a stomachache.
(キャンディを食べすぎるとおなかが痛くなることがあります)

「キャンディ食べ過ぎ→腹痛」ですね。

パンダ先生
パンダ先生
inの核心は「ワクの中」なので、ワクの中に入っていくイメージだから、「原因→結果」になるよ。

・結果 result from 原因

The traffic jam resulted from a car accident.
(交通渋滞は車の事故が原因でした)

「交通渋滞←車の事故」ですね。

パンダ先生
パンダ先生
fromの核心は「左向きの矢印(←)」なので、「結果←原因」になるよ。

【2】☆ まとめ ☆

・原因 result in 結果

・結果 result from 原因

以上、「result inとresult fromの違い」について解説していきました。

パンダ先生
パンダ先生
ここまでご精読頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、鬼塚英介(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。

また、TOEIC学習法の無料メルマガも開始しました。ぜひ、間違えた方向に学習して時間とエネルギーを無駄にしたくない人は、ぜひご登録ください。