丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【英語】最上級とtheの関係【絶対最上級など】

【1】形容詞の最上級とthe

1-1.名詞を修飾する場合

名詞を修飾する場合(限定用法)にはtheがつきます。なぜならば、最上級がつくことで、特定の名詞に限定されるからです。

Tom is the tallest in the class.
(トムはそのクラスで1番背が高い)

ちなみに、the以外に冠詞相当語句(所有格、this、any…など)がつくことがあります。

This is his best novel.
(これは彼の最良の小説です)

1-2.同一人・物の比較

同一の人・物の性質や状態を比較する場合には、theが付きません。

I am happiest when I study English.
(私は英語を勉強している時が1番幸せです)

This lake is deepest at this point.
(この湖はここが最も深い)

1-3.慣用表現

次のような慣用表現では、theが付きません。

・at last:ついに

・at(the)best:せいぜい

・at(the)least:少なくとも

※at the latest(遅くとも)は必ずtheがつく。

【2】副詞の最上級とthe

副詞の最上級では、theを付けても付けなくてもどっちでもOKです。

I get up (the) earliest in my family.
(私は家族で最も早く起きる)

【3】絶対最上級

漠然と程度が高いことを表し、ほぼveryと同意です。特徴は、theが付かず、普通は-estをつける最上級もすべてmostを使って表します。

[絶対最上級]

・漠然と程度が高いことを表す

・theが付かない

・-estではなくてmostを使う

上記の通りです。

Tom is a most clever man.
(トムはとても利口な男だ)

※もし、the cleverest manにしてしまうと「最も利口な男だ」って意味になってしまいます。

theが付かないのは、1人に特定されないからです。

【4】おわりに

以上、「最上級とtheの関係」について解説していきました。

ここまで読んで頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、興味のある方はパンダ(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。

パンダ君
パンダ君
これからも、パンダを応援してね