丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【英文法】分詞構文の完了形【having+p.p.】

【1】分詞構文の完了形(having+p.p.)

結論からいきましょう。

[分詞構文の時制]
原則:主節の時制と同じ
例外:分詞構文の完了形→主節より過去

上記の通りです。

ひとつひとつ説明していきますね。

・原則:主節の時制と同じ

原則、分詞構文の時制は主節と同じです。

例文で確認してみましょう。

Going to Tokyo, I watched a soccer game.
「東京に行って、サッカーの試合を観た」

主節のwatchedが「過去形」なので、分詞構文の「Going」も「過去形」になります。

・例外:分詞構文の完了形

例外的に、分詞構文の完了形(having+p.p.)は、「主節より過去」を表します。

例文で確認しましょう。

Having finished my homework, I watched TV.
「宿題を終えて、私はテレビを見た」

主節の“watched“が「過去形」なので、分詞構文の“Having finished“は「大過去(過去の過去)」になります。

このように、分詞構文の時制は、原則、主節の時制と同じであり、例外的に分詞構文の完了形(having+p.p.)は、主節よりも過去を表します。

【2】話を深堀りしていきます。

ここまででキツイって人は、サラッと読むだけでOKです。

主に次の2つについて解説していきます。

・分詞構文の書き換え

・分詞構文の時制の深い話

上記の通りです。

ひとつひとつ説明していきますね。

・分詞構文の書き換え

分詞構文への書き換えは、次の3手順でやります。

1.接続詞を消す

2.主語を消す(主節のS=従節のSの場合)

3.動詞をdoingにする

上記の通りです。

具体例で確認しましょう。

As I have finished my homework, I watched TV.

Having finished my homework, I watched TV.

接続詞のAsを消して、主語のIを消して(主節と従節のSは共に“I“)、haveをhavingにしました。

・分詞構文の時制の深い話

なぜ、分詞構文の時制は主節に従うのか?

分詞構文だけでは時制を表すことができないから。

分詞構文は常に“doing”という形ですよね。「現在」を表したいから“doings”とか、「過去」を表したいから“doinged“とかにはできないですよね。

なので、やむを得ないので、主節の時制に従うようにして時制を表すんです。

【3】おわりに

以上、「分詞構文の完了形」について解説していきました。

英文法は、読解も含めて英語の学習の最も基本となります。

英文法の勉強で大切なことは、参考書を理屈抜きに丸暗記するのではなく、きちんと理解しながら、学んでいくことです。英文読解も結局のところ、問われるのは基本的な英文法の理解です。

ちなみに、この理解して英文法を学ぶのに、「スタディサプリ」という動画の授業がおすすめです。14日間無料体験ができて、いつでも解約可能なので、ぜひ試してみてください。

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。


 ここまで読んで頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、興味のある方はパンダ(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。

パンダ君
パンダ君
これからも、パンダを応援してね