丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

不定詞の形容詞用法の3パターン【見分け方】

動画で解説

不定詞の形容詞用法は3パターンある!

不定詞の形容詞用法には、次の3パターンあります。

①SVの関係

② VOの関係

③ 同格の関係

上記の通りです。

このように3パターンありますが、訳はすべて「前の名詞にかけるだけ」です。

じゃあ、知らなくてもいいと思うかもしれませんが、この3パターンを知っていると、正確に副詞用法と判別が出来るようになります。

それでは、ひとつひとつ見ていきましょう。

①SVの関係

最初は、かかる名詞とto不定詞の関係が「SVの関係」のパターンです。

例 I have friends to help me.
(私には私を助けてくれる友達がいる)

「かかる名詞のfriends」と「to help me」が「SVの関係」になっていますよね。

② VOの関係

かかる名詞とto不定詞の関係が「VOの関係」のパターンです。

例 I have friends to help.
(私には助ける友達がいる)

「かかる名詞のfriends」と「to help」の関係がVOの関係になっていますよね。

また、このパターンの特徴として「目的語( O)」が欠けます。なんせ目的語(O)はかかる名詞なので当たり前ですよね。今回の例文では、helpの目的語(O)が欠けていますね。

③ 同格の関係

最後の3つ目は、かかる名詞とto不定詞の関係が「同格の関係」のパターンです。

例 I have an ability to speak English.
(私は英語を話す能力がある)

「かかる名詞のan ability」と「to speak English」が同格関係ですよね。つまり「能力=英語を話す」です。

Twitterで問題を出してみたら・・・

https://twitter.com/Englishpandaa/status/1546294062726098945?s=20&t=oXBkKJ653JFgHf2RrHdHnw

パンダ先生
パンダ先生
しっかりと根拠を答えれる人はほとんどいません。

おわりに

以上、不定詞の形容詞用法の3パターンを紹介していきました。

では、ここでおしまいにします。
(`・ω・´)ゞ

ここまで読んで頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、鬼塚英介(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。

Good luck!