丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【英語】「お金」を表す名詞を整理

【0】動画で解説

【1】「お金」を表す名詞を整理

お金を表す名詞を5グループに分けて解説していきましょう。

1.第1グループ

第1グループは、次の通りです。

・bill:「紙幣」

・cash:「現金」

・check:「小切手」

・change:「つり銭、小銭」

上記の通りです。

billは元々、紙という意味です。ビラまきは紙をまいていますよね。なので、billは「紙幣」になります。

「キャッシュバック」は現金が返ってくることですよね。

お札を渡したら、変化して小銭がつり銭として返ってきますよね。

2.第2グループ

第2グループは次の通りです。

・interest:「利子」

・commission:「手数料」

・fine:「罰金」

・rent:「家賃」

・tuition:「授業料」

上記の通りです。

無理矢理ですが、「関心」があるのは「利子」です。

commissionは、「共に(co)送る(miss)」って感じで、「手数料」です。

fine「罰金」は、finishと同じ語源で、「お金を払うことで罪を終わらせる」ので「罰金」です。

tuition「授業料」は、予備校などにいるチューター(tutor)と関連があります。チューターさんは、補助的な感じで授業してくれますね。

3.第3グループ

第3グループは次の通りです。

・admission:「入場料」

・charge「(サービスに対しての)料金・公共料金」

・toll:「通行料金」

・fare:「運賃」

admission「入場料」は、admit「許可する」と関連があり、入場の許可として入場料を払いますね。

charge「(サービスに対しての)料金・公共料金」は、色々なサービスを利用するために「カードにチャージする」って言ったりしますよね。

toll「通行料金」は、シャレで「通る(toll)お金」→「通行料金」って考えてください。

fare「運賃」も、シャレで「運賃は金持ちだろうと貧乏人だろうとフェアで180円」って感じで覚えてください。

4.第4グループ

第4グループは次の通りです。

・pay:「給与」

・salary:「知的労働の給料」

・wage:「肉体労働の給料」

・income:「個人の収入」

・earnings :「稼ぎ」

・allowance:「手当・小遣い」

・fee:「専門職に対しての報酬」

payは、メルカリの電子払いの「メルペイ」など日本語でも使われるようになってきました。

salary「知的労働の給料」は、サラリーマンを考えればOKですね。

incomeは、「入って(in)来る(come)お金」ですね。

allowance「手当・小遣い」は、allow「許可する」お金です。

fee「専門職に対しての報酬」の覚え方は、弁護士などの報酬は高いので…「ふぃ〜!?」と声が出てしまうものです。

5.第5グループ

第5グループは次の通りです。

・cost:「経費」

・debt:「借金」

・fund:「資金」

・tax:「税金」

cost「経費」は、日本語でも「コスト削減」って感じで使われていますね。

fund「資金」は、「クラウドファンディング」って感じで、日本語でもよく見ますね。

tax「税金」は、最近だと、商品のところに書いていたりします。

 

では、ここでおしまいにします。(`・ω・´)ゞ

ここまで読んで頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、興味のある方は鬼塚英介(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。