丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【〜以外】except / besides / other thanの違いは?

オオカミ君
オオカミ君
except / besides / other thanはどれも「〜以外」って訳せるけど、何か違うんだろうか?

パンダ君
パンダ君
うん、かなり違ってくるよ。今日はこの3つの違いについて徹底解説していきましょう。

【1】except / besides / other thanの違い

一言で言うと、次のとおり。

・except:〜を除いて

・besides:〜に加えて

・other than:〜を除いて、〜に加えて

このように、どれも「〜以外」って訳せるけど、それぞれニュアンスは大きく異なります。

ひとつひとつ例文で解説していきましょう。

1-1.except

exceptの「〜以外」は「〜を除いて」って意味の排除になります。

Everyone except Tom came.
(トム以外はみんな来た)

トムを除いて全ての人って感じで、排除していますね。exceptの語源は「外へ(ex)取る(cept)」→「除外して取る」→「除外する」になります。

1-2.besides

besidesの「〜以外」は「〜に加えて」って意味の追加です。

He speaks French besides English.
(彼は英語以外にフランス語を話す)

英語に加えてフランス語って感じで追加のイメージですね。

1-3.other than

other thanは「〜を除いて」と「〜に加えて」の2つの意味を持ちます。

Is there any problem other than this?
(この件以外に問題はありますか?)

→これは「この件を除いて」って意味で除外のイメージです。

Do you have any hobbies other than reading?
(読書以外に趣味はありますか?)

→これは「読書に加えて」って意味で追加のイメージです。

パンダ君
パンダ君
このように、other thanはexceptと besidesの両方の意味を持つ万能型と言えるね。

【2】発展編(※上級者向け)

ここからは、少し難しめの内容です。ここまででキツイって人は、軽く目を通すくらいで大丈夫です。

次の4つについて話していきます。

1.exceptとexcept forの違い

2.butもある

3.besidesには副詞もある話

4.否定の場合のbesides

上記のとおり。

2-1.exceptとexcept forの違い

ここまでexceptのみ解説してきましたが、実はexcept forというのもあります。基本的に同じですが、ポイントは次のとおり。

・that、if節などが来る場合はexceptのみ

I don’t know anything about him except that he’s a novelist.
(小説家という事以外、彼については何も知りません)

except for that〜というのはダメです。

・in、at、onの前置詞が来る場合はexceptのみ

He plays soccer except on rainy days.
(彼は雨の日以外はサッカーをする)

これはわかりやすいと思います。forの後ろに前置詞を持ってくるのは抵抗がありますよね。

・文頭ではexcept forのみ

Except for tooth pain , I’m fine.
(歯の痛みを除けば元気です)

Exceptは文頭に置くことはできません。

2-2.butもある

実は、butにも「〜以外」って意味があります。

No one but me agreed with him.
(私以外誰も彼に同意しなかった)

このbutは英熟語でもよく使われています。

I had no choice but to go there.
(そこへ行かざるをえなかった)

直訳すると、「そこに行くこと以外に選択肢がなかった」→「そこへ行かざるをえなかった」です。

2-3.besidesには副詞もある話

besidesには副詞「加えて」もあります。

The novel was long. Besides, it was boring.
(その小説は長く、加えて、つまらなかった)

パンダ君
パンダ君
基本的に前置詞の「追加」の意味と変わらないですね。

2-4.否定の場合のbesides

besidesは「〜に加えて」って意味の追加と解説してきましたが、実は、否定の場合は、「〜を除いて」って意味の除外になります。

[肯定文]
He speaks French besides English.
(彼は英語以外にフランス語を話す)

[否定文]
No one besides him helped me.
(彼を除き、誰も私を助けてくれなかった)

では、ここでおしまいにします。
(`・ω・´)ゞ

ここまで読んで頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、鬼塚英介(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。