丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

意味が同じだけど可算・不可算名詞がある

こんにちは、
予備校講師の鬼塚英介です。
《丸暗記英語からの脱却》をコンセプトに指導・発信をしています。

 今日は
「意味が同じだけど可算・不可算名詞がある名詞」
について解説していきます。

たとえば、workが不可算名詞であり、一方でjobは可算名詞です。このように同じ意味だけど、可算名詞・不可算名詞があるパターンを紹介していきます。

一見大変そうですが、このパターンには限りがあり、きちんと理解しながら学べるように解説していきますので、ご安心ください。

では、始めていきましょう!

【0】動画で解説

【1】意味が同じだけど可算・不可算名詞がある

結論から言うと、次のとおりです。

  不可算名詞 可算名詞
宣伝 advertising advertisement
装置 equipment device
機械 machinery machine
poetry poem
景色 scenery scene、view
旅行 travel trip、journey
仕事 work job

上記のとおり。

パンダ先生
パンダ先生
上記の不可算名詞は同種のものを総称として考える。よって、その種類や形も多様であるため、具体的なひとつの形を描けないので不可算名詞(この考え方については、次の記事をご参照ください)。一方、可算名詞は「ひとつひとつ」を指しているので数えられるんだ。

【英語】不可算名詞を見分ける必殺技を紹介します【by 英語講師】不可算名詞を見分ける必殺技について知りたいですか? 本記事では、不可算名詞を見分ける必殺技について紹介しています。 不可算名詞を見分ける必殺技について知りたい人は必見です!...

・advertising/advertisement

Advertising is a way to get more customers.
(広告は多くの顧客を獲得する方法です)

He saw an advertisement on TV.
(彼はテレビである広告を見た)

advertisingは「広告業や雑誌などの集合的な広告」を表すので不可算名詞です。一方、advertisementは「個々の広告自体」を表すので可算名詞になります。

パンダ先生
パンダ先生
ちなみに、advertising は「〜ing」なので「広告する」って感じなので、企業側から見た「広告」。だから、総称的に広告を表す不可算名詞になるんだ。一方、advertisement のmentは「結果」を表す接尾辞であり、結果的に出された広告なので、消費者側から見た「広告」。よって消費者それぞれ個別の広告ってニュアンスになり、可算名詞になるんだ。

・equipment/device

I want to purchase new equipment for the conference.
(会議用の新しい装置を購入したいです)

The company releases many devices every month.
(その会社は、毎月多くの装置を発売する)

equipmentは色々な同種の装置全体を総称的に言うため不可算名詞です。一方で、deviceはそれぞれ1つ1つの装置を表すので可算名詞です。

パンダ先生
パンダ先生
日本語でも、スマホやタブレットなどの個々の装置を「デバイス」なんて言ったりするよね。

・machinery/machine

The company supplied machinery to the factory.
(その会社は機械類を工場へ供給した)

This store sells various machines.
(この店でさまざまな機械を売っている)

machineryは「機械類」って意味の総称であり不可算名詞です。一方で、machineは「個々の機械一台一台」を表す可算名詞です。

・poetry / poem

He likes poetry very much.
(彼は詩がとても好きです)

She is good at composing poems.
(彼女は詩を作るのが得意です)

poetryは総称的に詩を表します。一方で、poemは1つの詩を表します。

・scenery/scene、view

Autumn scenery makes me feel romantic.
(秋の景色は私をロマンチックな気分にさせる)

He likes to take pictures of scenes from everyday life.
(彼は日常生活の風景の写真をとるのが好きだ)

sceneryはsceneが複数集まった集合体なので不可算名詞です。scene、viewは一光景を表すので可算名詞です。

パンダ先生
パンダ先生
ちなみに、sceneryの-eryは集合を表す接尾辞だよ。だからsceneの集合体がsceneryって感じだね。poetryやmachineryも同様だよ。

・travel/trip、journey

I like travel.
(私は旅行が好きです)

My boss has been away on a business trip.
(私の上司は出張で不在です)

Life is a journey.
(人生は旅である)

travelは一般的な総称で旅行を表すので不可算名詞です。tripやjourneyはひとつひとつの旅を表すので可算名詞です。

パンダ先生
パンダ先生
ちなみに、tripは「短めの旅行」、travelは「一般的な旅行」、journeyは「長い旅」を表すよ。

・work/job

Teaching English is hard work.
(英語を教えることは大変な仕事です)

You did a great job.
(いい仕事しましたね)

workは漠然と仕事という概念的な意味なので不可算名詞です。一方で、 job は「ひとつひとつの作業・業務内容・ポジション」を表すので可算名詞です。

パンダ先生
パンダ先生
workは動詞で「働く」って意味もあります。

・Twitterで問題を出してみたら…

パンダ先生
パンダ先生
正答率はかなり低い感じだね。

【2】☆ まとめ ☆

  不可算名詞 可算名詞
宣伝 advertising advertisement
装置 equipment device
機械 machinery machine
poetry poem
景色 scenery scene、view
旅行 travel trip、journey
仕事 work job

日本語には数えられない名詞って概念がないので、日本人にとって英語学習をする時には、なかなか大変なものです。でも、今回のようにしっかりとストーリーを持って理屈をつけて学習していくことで、知識も定着しやすいですし、応用も効いてきます。

僕の記事・指導では【丸暗記英語からの脱却】をコンセプトに発信しています。ぜひ、学習の際にご活用いただけたらと思います。

Good luck!