丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語 PR

【TOEIC Part2対策】whoseとwho’sの判別方法は?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

【1】whoseとwho’sの判別

WhoseとWho’s(Who is/hasの短縮形)の発音は両方とも「フーズ」と発音されるので、音声だけ聞くと判別ができません。とはいえ、英文構造から判別することが可能です。Whoseの場合は、後ろに「名詞」or「動詞」がきます。例文で確認しましょう。

Whose car is parked in front of the building?
(その建物の前に駐車されている車は誰のですか?)

Whose are these watches?
(これらの時計はだれのものですか?)

これが、Who’s car is…とかWho’s are…は文法的にあり得ないですよね。

次に、Who’sの例文も確認です。

Who’s in charge of quality control for this project?
(このプロジェクトの品質管理は誰が担当していますか?)

Who’s going to attend the training session on Friday?
(金曜日のトレーニングセッションに誰が参加する予定ですか?)

Who’s got the keys to the office?
(オフィスの鍵は誰が持っていますか?)

Whose are…やWhose goingなどは文法的にあり得ないですよね。

【2】☆ まとめ ☆

whoseとwho’sの違いは文構造から判断する。

パンダ先生
パンダ先生
ここまでご精読頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、鬼塚英介(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。

また、TOEIC学習法の無料メルマガも開始しました。ぜひ、間違えた方向に学習して時間とエネルギーを無駄にしたくない人は、ぜひご登録ください。