丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

前置詞のfromを核心から考える必殺技!【英語講師による解説】

前置詞のfromを核心から考える

前置詞のfromの核心は「(起点からの)分離」です。

fromの核心:「(起点からの)分離」

同じく“分離”を表すofと似ていますが、次のような違いがあります。

・of:分離しつつもつながりを保つイメージ

・from:分離してつながりが切れるイメージ

このちがいは、die of ~が直接原因、die from ~が間接原因を表すことや、be made of ~とbe made from ~のちがいなどに見られます。

fromの核心「(起点からの)分離」から、次の7つの意味に派生します。

①起点・分離

②出身

③原因

④区別

⑤判断の根拠

⑥回避・妨害

⑦原料

順番にひとつひとつ見ていきましょう。

①起点・分離

fromの本来の意味「起点・分離」の意味です。

例 go from Tokyo to Osaka
「東京から大阪に行く」

例文の起点は「東京」ですね。ちなみに、fromは「到達点」を表すtoと、相性が良いです。

[熟語]
□from place to place あちらこちらへ
□be from∼/come from∼ ∼出身である
□derive from∼ ∼に由来する
□hear from∼ ∼から連絡がある
□order A from B AをBから取り寄せる
□recover from∼ ∼から回復する
□from ones point of view ∼の見地から考えて
□judging from∼ ∼から判断すれば
□go from bad to worse 悪化する

②出身

fromの「(起点からの)分離」から「出身」という意味に派生します。

例 I am from Nagoya.
「名古屋出身です」

名古屋という起点から離れて、今ここにいるってイメージですね。

③原因

「行動の起点」と考えると、fromには「原因(〜が原因で)」の意味があることも理解できます。

例 suffer from headache
「頭痛に苦しむ」

ちなみに、die of と die fromの違いは次の通りです。

・die from overwork
「過労死する」(間接原因)

・die of cancer
「ガンで死ぬ」(直接原因)

[熟語]
□result from∼∼が原因となっている
□die from∼∼で死ぬ
□suffer from∼∼に苦しむ

④区別

「頭の中で物事を分離できている」→「区別する」という意味に派生していきました。

例 Tom is different from his brother in every way.
「トムは弟とあらゆる点で異なる」

A is different from B in∼ 「AとBは∼において異なる」の熟語です。

「区別」のfromは、different「異なる」と意味が似ていることから、相性が良いです。

[熟語]
□distinguish A from B/tellA from B/know A from B  AとBを区別する
□A is different from B in∼ AとBは∼において異なる
□A differ from B in∼ AとBは∼において異なる

⑤判断の根拠

「判断の起点」と考えると「判断の根拠」という意味に派生していくのも理解できます。

例 judging from~
「~から判断すると」

⑥回避・妨害

何らかの行為からの分離、つまり、その行為をしない・させないといった「回避・妨害」の意味をもちます。

例 The heavy rain prevented me from going out.
「大雨のせいで外出できなかった」

The heavy rain が me と going out を分離させているイメージです。

[熟語]
□far from∼ ∼から遠い
□keep away from∼ ∼に近づかない
□be absent from∼ ∼を欠席する
□aside from∼ ∼を除いては
□graduate from∼ ∼を卒業する
□be free from∼ ∼がない
□get away from∼ ∼から逃れる
□abstain from∼ ∼を控える
□refrain from∼ ∼を控える
□prevent A from–ing/keep A from–ing/stop A from–ing
Aが∼するのを妨げる
□save A from B AをBから救う
□protect A from B AをBから守る
□prohibitA from–ing Aが∼するのを禁止する
□discourage A from–ing Aに∼するのを思いとどまらせる

⑦原料

「原料」はあらゆるものの「起点」と考えることができます。

例 Cheese is made from milk.
「チーズは牛乳から作られる」

be made from∼ で「∼から作られる」という熟語です。
似たような熟語に、be made of∼ 「∼から作られる」があります。違いは次の通りです。

・Cheese is made from milk.
「チーズは牛乳から作られる」
(*物質変化あり)

・This bridge is made of iron.
「この橋は鉄でできている」
(*物質変化なし)

[熟語]
□be made from∼ ∼から作られる

さいごに

以上、fromの核心「起点からの分離」から7つの意味に派生していく様子を見ていきました。

前置詞は、たくさんの意味があって苦手と思っている人は多いです。

でも、こうやって1つの核心から考えて、理屈を理解していけば、記憶に残りやすいですし、応用も効きます。何よりも単なる丸暗記よりも楽しいと思います。

引き続き、「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに研究・発信し続けていきます。

僕と同じようにこのような丸暗記英語からの脱却を実践しているのが、関正生講師です。もし、興味がある方は、次の記事をご覧ください。

【スタディサプリTOEIC】勉強の順番を解説!【by予備校講師】スタディサプリTOEICの勉強の順番について知りたくありませんか? 本記事では、スタディサプリTOEICの学習の順番を紹介していきます。 スタディサプリTOEICの学習の順番を知りたいと思っている人は必見です!...

英文法のまとめ記事一覧