丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

英語の発音記号一覧と発音のコツを超簡潔に解説します!

【0】この記事のコンセプト

この記事では、発音をとことんシンプルに解説しています。というのも、発音の書籍やwebsite上の情報は、正確にしようとするあまり、非常に細かな情報が載せられています。結果的に、途中で挫折してしまう人が多いのが実情です。そこで、この記事では、とことんシンプルに解説しています。一言二言の解説で、さらに、「なるほど!」と分かりやすく解説しています。

また、それぞれの発音記号に対して、英単語3つのネイティブの発音音声を収録しています。ぜひ、その音声で確認しつつも、さらに何度も音声に合わせて自分でも発音してみてください。

【1】短母音

1.【æ】

アントニオ猪木のようにしゃくれた口で「エア」と発音します。例えば、hatは「ハット」ではなく「ヘェア〜ットゥ」。

例:bad、map 、fan


2.【a】

あくびをするように口を大きく開けて「ア」と発音します。例えば、stopは「ストップ」ではなく「スタップ」。

例:coffee 、not 、box

3.【ʌ 】

何か用事を思い出して「あっ」って言う時のイメージです。

例:cup 、bus 、fun

4.【ə】

口を思いっきり緩めてよだれが出るくらいな感じで「ア」と発音します。「あいまい母音」と言われています。

例:lemon、banana、family

5.【ɪ】

リラックスして「イ」と「エ」の中間で発音します。緊張感ゼロで「イ」と発音です。どちらかと言うと、「エ」に近いです。例えば、sitは「シット」よりも「セット」って聞こえます。

例:live、interesting、English

6.【u】

口の力を抜いて「ウ」と発音します。結果的に、「ウ」と「ア」の中間のような音になります。

例:put、foot、book

7.【e】

日本語の「エ」と同じと考えてOKです。

例:set、best、get

 

【2】子音

1.【θ】

舌を上の歯に当て「スー」と発音します。無声音です。無声音とは、手をのど仏にあててその音を出してみて、のど仏が震えない音です。

例:think、bath、math

2.【ð】

【θ】の有声音です。舌を上の歯に当て「ズー」と発音します。

例:this、mother、brother

3.【p】

スイカの種を飛ばすように「ぷっ」と発音します。無声音です。息が出るだけの音で、ひそひそ話をするかのように発音します。

例:put、pick、push

4.【b】

【p】の有声音です。【p】の音を濁らせて、「ブッ」と発音します。

例:book、bus、best

5.【k】

悪役の笑い声の「クックックク」って感じで発音します。無声音です。

例:kick、ask、cup

6.【g】

【k】の有声音です。【k】の音を濁らせて「グッ」と発音します。

例:egg、goal、give

7.【t】

日本語の「た行」でOKです。無声音です。

例:tea、meet、set

8.【d】

日本語の「だ行」でOKです。【t】の有声音です。

例:dog、kid、dentist

9.【f】

日本語の「フ」に似ているけど、下唇に上の前歯を添えて、発音します。無声音です。

例:fire、finish、rough

10.【v】

【f】の有声音です。「ヴ」といえば良いです。

例:victory、five、very

11. 【s】

日本語の「さ行」でOKです。無声音です。

例:see、sit、cent

12.【z】

日本語の「ざ行」でOKです。【s】の有声音です。

例:zoo、music、rose

13.【tʃ】

日本語の「チ」でOKです。

例:child、cheap、rich

14.【dʒ】

日本語の「ヂ」でOKです。【tʃ】の有声音です。

例:joy、major、judge

15.【ʃ】

日本語の「シ」でOKです。静かにの「し〜っ」ってイメージです。無声音です。

例:she、shock、shame

16.【ʒ】

日本語の「ジ」でOKです。

例:decision、measure、vision

17.【h】

寒い時に手を温めるために「ハーーーー」と息を吹きかける時のイメージです。無声音です。

例:head、house、hat

18.【w】

たこのように口を前に突き出して「ウ」と発音します。

例:wish、wood、woman

19.【m】

考えごとをして「ん〜」と発音するイメージです。

例:moon、name、mom

20.【n】

ハミングする時のように発音します。

例:night、pen、name

21.【ŋ】

「ング」って感じで発音します。

例:sing、long、think

22.【j】

日本語の「や行」でOKです。唇を横に引き「いやっ」と発音するイメージです。

例:year、young、you

23.【l】

舌先を上の歯の根元につけたまま「ら行」を言えばOKです。

例:like、black、will

24.【r】

口を突き出し、最初に小さい「ゥ」を入れて発音します。【l】と違い、舌先はどこにも触れません。

例:right、rice、red

 

【3】長母音

1.【ɑ:】

日本語の「ア」よりも口を大きく開けて「アー」と発音します。

例:father, calm, palm

2.【ɑ:r】

日本語の「ア」よりも口を大きく開けて「アー」と発音し、舌先を丸め、口を少し閉じます。

例:arm、car、hard

3.【ǝ:r】

舌を巻きながら「ウー」と唸る感じで発音します。

例:girl、learn、bird

4.【i:】

日本語の「イ」よりも唇を横に引いて「イー」と発音します。

例:eat、feel、tea

5.【u:】

日本語の「ウ」よりも口をすぼめて前に突き出し「ウー」と発音します。

例:food、cool、rule

6.【ɔ:】

日本語の「オ」よりも口を大きく開けて「アー」と「オー」の中間で発音します。

例:talk、walk、all

7.【ɔ:r】

【ɔ:】の発音の後に、舌を巻きながら唸る感じで発音します。

例:more、store、floor

 

【4】複合母音

1.【ai】

強く「ア」と発音後、弱く「ィ」と発音します。

例:like、find、cry

2.【au】

強く「ア」と発音後、弱く「ゥ」と発音します。

例:now、couch、mouth

3.【ei】

強く「エ」と発音したあと、弱く「ィ」と続けます。

例:take、paper、day

4.【ɔi】

強く「オ」と発音したあと、弱く「ィ」と続けます。

例:boy、point、noise

5.【ou】

強く「オ」と発音したあと、弱く「ゥ」と続けます。

例:go、open、note

 

【5】まとめ

英語の発音は、どこかスポーツに似ており、何度も何度もリピートすることで、自分のものになっていく感じです。そんなわけで、1ヶ月間毎日それぞれの発音に対して1周してください。3単語なので、そんなに時間もかからないと思います。

全音声まとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneから送信