丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【TOEIC対策】イギリス英語の発音とアメリカ英語の発音の違い

【1】イギリス英語 vs アメリカ英語

結論から言うと、次のとおり。

[イギリス英語の発音の特徴]

1.can’tの発音:「カーント」

2.ローマ字読みする

3.Tをしっかりと発音する

4.Rの音が消える

上記のとおり。

パンダ先生
パンダ先生
日本の英語教育はアメリカ英語なので、最初はちょっと戸惑だちゃうんだよね。

では、一つ一つ見ていきましょう。

1-1.can’tの発音:「カーント」

can’tはアメリカ英語だと「キャント」だけど、イギリス英語だと「カーント」って発音されます。

[can’tの発音]

・アメリカ英語:「キャント」【kænt】

・イギリス英語:「カーント」【kɑːnt】

パンダ先生
パンダ先生
ちなみに、canに関しては両方とも「キャン」とほぼ同じ発音だよ。

※実際の音を聞きたい場合はこちらのサイトをご参照ください。以降の単語もこちらのサイトから実際の音を確認してみましょう。使い方は下の図の通り。

1-2.ローマ字読みする

イギリス英語は「ローマ字読み」に近い発音をします。

ちょっと詳しく見ていきましょう。

・「A」は「ア」の発音

ローマ字の“a“は アメリカ英語では「エァー」(“æ”)のように発音することが多いけど、イギリス英語では日本語の「ア」にかなり近いです。

  アメリカ英語 イギリス英語
happy ヘェピィー ハッピー
bath ベァス バス
glass グレァス グラース
fast フェァースト ファースト
bag ベェアーグ バッグ
manner メェァナー マナー
staff ステァーフ スタッフ
forecast フォーキェァースト フォーカスト

※ “æ”はアメリカ英語では「エァー」のように発音するけど、イギリス英語では日本語の「ア」にかなり近いです。

パンダ先生
パンダ先生
ここに載せたのはほんの一例。とりあえず、ローマ字の”a”はアメリカ英語では「エァー」、イギリス英語では日本語の「ア」に近いってことをなんとなく知るだけでOKだよ。

・「O」は「オ」の発音

ローマの“o“はアメリカ英語では“ア”に近い形で発音されますが、イギリス英語では日本語の「オ」に近い。

  アメリカ英語 イギリス英語
dog ダッグ ドッグ
hot ハット ホット
body バ-ディー ボディー
stop スタップ ストップ
cross クロース クロス
bottom バ-タム ボトム
popular パ-ピュラー ポピュラ
common カ-ムン コムン
パンダ先生
パンダ先生
これもほんの一例。とりあえず、ローマ字の”o”はアメリカ英語では「ア」、イギリス英語では日本語の「オ」に近いってことをなんとなく知るだけでOKだよ。

ここまで少し細かく説明してきましたが、ポイントはイギリス英語の母音は、日本語の発音に近いってことだけです。

1-3.Tをしっかりと発音する

アメリカ英語では、母音に挟まれたtは「ラ」や「ダ」に変化するけど、イギリス英語ではtの部分をしっかりと「タ」で発音します。ここでも日本語発音に近いってことです。

  アメリカ英語 イギリス英語
water ウォーラー ウォーター
party パーリー パーティー
little リロー リトー
bottle バラー ボトー
daughter ドーダー ドータ

1-4.Rの音が消える

アメリカ英語では、Rの音は舌を巻いたしっかり発音するのに対して、イギリス英語のRは控えめです。さらには、語尾にくるRは発音されません

  アメリカ英語 イギリス英語
more モア~【mɔːr】 モー【mɔː(r)】
store ストア〜【stɔːr】 ストー【stɔː(r)】
here ヒァ〜【hɪr】 ヒァー【hɪə(r)】
there ゼァ〜【ðer】 ゼァー/ゼー【ðeə(r)】
door ドア〜【dɔːr】 ドー【dɔː(r)】
farm ファ〜ム【fɑːrm】 ファーム【fɑːm】
term タ〜ム【tɜːrm】 ターム【tɜːm】
furniture ファ〜ニチャ〜【ˈfɜːrnɪtʃər】 ファーニチャ【ˈfɜːnɪtʃə(r)】
sure シュア〜【ʃʊr】 シュア【ʃʊə(r)】 / ショー【ʃɔː(r)】
appear アピア〜【əˈpɪr】 アピア【əˈpɪə(r)】
near ニァ〜【nɪr】 ニァ【nɪə(r)】
hire ハイア〜【haɪər】 ハイア【haɪə(r)】
hour アワ〜【aʊər】 アワ【aʊə(r)】
brochure ブローシュアー【brəʊˈʃʊr】 ブローシュア【brəʊʃə(r)】
パンダ先生
パンダ先生
このようにイギリス英語では「Rが消える」ことによって、結果的に発音が短くなり、イギリス英語は速いって感じるんだよね。

1-5.発音が全く異なる英単語

ここでは、TOEIC頻出の米と英で全く発音が異なる英単語を見ていきます。TOEIC頻出なので、個別に覚えていきましょう。

  アメリカ英語 イギリス英語
either イーザー アイザー
schedule スケジュール シェジュー
direction ディレクション ダイレクション
often オーフン オフトゥン
tour トゥアー トー
vase ヴェィス/ヴェィズ ヴァーズ
mobile モゥブル モゥバイル
mayor メェィア メェア
advertisement アドバータイズメント アドバーティズメント
route ラゥト ルート
data ダータ デイタ
civilization シヴィリゼイション シヴィライゼーション
vitamin ヴァイタミン ヴィタミン
tomato トメートゥ トマートー

・補足:TOEICのリスニングは4ヵ国

TOEICでは、4ヵ国(アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア)が使われます。

カナダはアメリカ英語に似ており、オーストラリアはイギリス英語に似ています。

カナダ≒アメリカ英語

オーストラリア≒イギリス英語

パンダ先生
パンダ先生
日本語教育はアメリカ英語なので、イギリス英語が苦手な人が多いからだよ。

【2】単語がそもそも違う

ここまで発音の違いを説明してきましたが、ここからは、そもそも単語が違うパターンを紹介していきます。

2-1.スペルが違う

  アメリカ英語 イギリス英語
color colour
flavor flavour
組織 organize organise
免許 license licence
中心 center centre

2-2.単語が違う

  アメリカ英語 イギリス英語
fall autumn
映画 movie film
映画館 theater cinema
駐車場  parking lot car park
店員 sales clerk shop assistant
歩道 sidewalk pavement
サッカー soccer football
長期休暇 vacation holiday
アパート apartment flat
エレベーター elevator lift
garden yard
ゴミ rubbish trash
パンダ先生
パンダ先生
別に無理して覚える必要はないよ。それぞれの単語を見たときに意味を言えれば十分。こんな違いがあるんだな~、って感じで雑学程度の話。

【3】TOEIC対策

ここまでの解説を踏まえた上で、TOEIC対策はどうするか?

結論から言うと、「この記事を定期的に読む」+「公式問題集をやり込む」です。

あまり、特別なことをやる必要はありません。よく、イギリス英語の音声ニュースを聞くなどの対策をすべきと言われますが、それは遠回りです。TOEICを学習するならば、TOEICの教材を使うべきです。

そして、イギリス英語対策をするって感覚は不要です。もし、どうしても苦手であれば、公式問題集の復習をする際に、イギリス英語の音声を多めに復習するくらいでOKです。

鬼塚英介