丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【多義語】chargeはこの3つ覚える

パンダ先生
パンダ先生
今日は多義語のchargeについて学習していきましょう。

オオカミ君
オオカミ君
うん、たしかに意味が沢山あって大変だ。

パンダ先生
パンダ先生
今日はTOEICや受験英語など最低限に必要な意味に絞って紹介していきます。では、始めていきましょう!

【0】動画で解説

【1】chargeの3つの意味

結論から言うと、次のとおり。

[chargeの意味]

・料金

・担当(in charge of)

・請求する

オオカミ君
オオカミ君
ふむ。この3つだけを覚えればいいんだな。

パンダ先生
パンダ先生
うん、本当はもっと意味があるんだけど、これだけで十分!では、ひとつひとつ見ていきましょう。

1-1.料金

chargeはサービスや何かを利用するときの「料金」を意味します。

The hotel bill includes a 10% service charge.
(ホテルの請求額には10%のサービス料が含まれる)

オオカミ君
オオカミ君
ふむ。日本語でも「カードにチャージする」って言うもんな。

パンダ先生
パンダ先生
そうだね。サービスや何かを利用する時のために、カードにお金を入れておく場合ですよね。

1-2.担当(in charge of)

in charge ofの形で「〜の担当」って意味で使われます。

He is in charge of the case.
(彼はその事件の担当です)

1-3.請求する

chargeは、動詞では「請求する」って意味で使われます。

This hotel charges a lot for the use of the gym.
(このホテルはジムの使用に多額を請求する)

オオカミ君
オオカミ君
サッカーの「チャージする」みたいにプレッシャーをかけてくるイメージだな。

【2】☆ まとめ ☆

[chargeの意味は?]

・料金

・担当(in charge of)

・請求する

以上、今回は「多義語charge」について解説していきました。基本的に英単語は1つの意味を覚えることに専念すべきです。ただし、多義語と紹介される英単語は、そのどれもが同じくらい頻出して、さらに問題でも問われやすい。結果、1つの意味ではなく、複数の意味を覚えるべきです。だからと言って、なんでもかんでも覚えるのではなく、この記事のように思い切って絞ることも大切です。

鬼塚英介