丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【英語】過去形の核心は?

パンダ先生
パンダ先生
今日は「過去形」について学習していきましょう。

オオカミ君
オオカミ君
えっ、今さら過去形?

パンダ先生
パンダ先生
うん!意外と核心を知っている人は少ないし、これを知ることでより深く知識を理解できて応用が効いてきます。では、始めていきましょう!

【0】動画で解説

【1】過去形の核心

パンダ先生
パンダ先生
結論から言うと、次のとおり。

過去形の核心:「離れている」

オオカミ君
オオカミ君
うむ…。

パンダ先生
パンダ先生
この核心から、次の3つを確認していきます。

・現在完了形と過去形の違い

・仮定法の核心

・Would you〜?

オオカミ君
オオカミ君
ふむふむ。

1-1.現在完了形と過去形の違い

パンダ先生
パンダ先生
次の英文の違いはわかる?

I have lost my key.
(私は鍵をなくしてしまった)

I lost my key.
(私は鍵をなくした)

オオカミ君
オオカミ君
うーん、前者が現在完了形で、後者が過去形かぁ。でも、日本語訳見たら、あまり言っていることは変わらないなぁ。

パンダ先生
パンダ先生
そうだよね。日本語訳だけ見ると、あまり変わらないけど、実は全然違うんです。ここではあまり詳しくは語れないけど、現在完了形は「過去+現在」で、あくまで「現在」を中心に述べる表現です。

オオカミ君
オオカミ君
ふむ。現在完了形のところで学んだな。

パンダ先生
パンダ先生
現在完了形については「こちらの記事」をご参照ください。なので、I have lost my key.って言ったら、過去に鍵をなくして「今も」なくしているって状態なんです。

オオカミ君
オオカミ君
ふむ、なるほど!

パンダ先生
パンダ先生
一方で、“I lost my key.“って過去形を使うと、過去形の核心は「離れている」なので、「現在と離れた事実」を述べているに過ぎません。今現在のことは触れていないわけです。よって、過去に鍵をなくしたけど、今見つかったかどうかは伝えていないってことになります。

オオカミ君
オオカミ君
なるほど!現在完了は「過去+現在」だから現在を伝えるけど、過去形は「離れている」が核心だから、現在と離れた事実、すなわち「過去」のことしか述べていないわけだ。

[現在完了形と過去形の違い]

・現在完了形:過去+現在(あくまで現在中心)

・過去形:過去のみ

1-2.仮定法の核心

パンダ先生
パンダ先生
仮定法の核心は「時制が過去にズレる」でしたよね。例文で確認しましょう。

If I were a bird , I could fly to you.
(もし私が鳥ならばあなたのもとに飛んでいけるのに)

パンダ先生
パンダ先生
現在に対しての妄想なので、時制が過去形になっていますよね。より詳しい仮定法の学習ついては「こちらの記事」をご参照ください。

オオカミ君
オオカミ君
ふむふむ。

パンダ先生
パンダ先生
なぜ、仮定法では時制が過去にズレるのか?仮定法は現実と離れて話をするので、その現実から離れている感を明示するために「離れている」が核心の過去形を使うわけです。

オオカミ君
オオカミ君
おぉ〜、なるほど!そういうことだったのか!

[仮定法で時制が過去にズレる理由]

「離れている」が核心の過去形を使って、現実から離れていることを明示するため。

1-3.Would you〜?

パンダ先生
パンダ先生
Will you〜?「〜してくれませんか?」を過去形にしたWould you〜?は丁寧になるって学校で教わりましたよね。

オオカミ君
オオカミ君
あぁ、教わったなぁ。でも、その理由は語られず丸暗記したものだ。

パンダ先生
パンダ先生
実は、これも過去形の核心「離れている」から考えれば丸暗記不要なんです。つまり、一歩離れて「もしよろしければ〜してくれませんか?」っていうので、控えめになって丁寧になるわけです。

オオカミ君
オオカミ君
おぉ〜!丸暗記不要だったんだな!

【2】☆ まとめ ☆

過去形の核心:「離れている」

以上、これでおしまいです。このように核心から考えることで丸暗記英語から脱却でき、色々な知識がつながっていきます。このブログでは【丸暗記英語からの脱却】をコンセプトに発信しています。ぜひ、英語学習に活用していただけたらと思います。

鬼塚英介