丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【前置詞】aboutのコアイメージ=「周辺」【英熟語一覧あり】

【1】前置詞aboutのコアイメージ

前置詞aboutのコアイメージは「周辺」です。

aboutの核心:「周辺」

aboutは「〜について」という意味を最初に覚えてしまうけど、それはあくまで派生した意味になります。

〈核心から派生した意味〉

① 周辺

② 関連

③概略・概数

上記のとおり。

では、例文で確認していきましょう。

① 周辺

これは核心のイメージそのままですね。

He wears a scarf about his neck.
(彼は首にスカーフを巻いている)

首の周りにスカーフを巻いているのですね。

[熟語]

□be about to~ 今にも~しようとしている
□bring about~ ~を引き起こす
□come about 起こる
□it is about time ~ ~して良い頃だ
□set about~ ~を始める

②関連

We talked about her.
(私たちは彼女について話した)

彼女の周辺情報、例えば、24歳で髪は長くて東京出身で…といった具合に。ここから「〜について」って意味の「関連」に派生します。

[熟語]

be anxious about~ ~を心配している
be concerned about~ ~を心配している
be particular about ~ ~について気難しい
be worried about~ ~を心配している
be crazy about~ ~に夢中である
care about~ ~を気にかける
complain about~ ~に不平を言う
How about~ ~はいかがですか?

③概略・概数

He left the company about the end of May.
(彼が会社を辞めたのは5月末頃だった)

5月の末頃というのは、5月末の周辺ですよね。

【2】☆ まとめ ☆

・aboutの核心:「周辺」

〈核心から派生した意味〉

① 周辺

② 関連

③概略・概数

以上、「前置詞のabout」について解説していきました。前置詞は意味があってたくさん大変だと思われがちだけど、その核心さえつかめば、丸暗記が激減します。ぜひ、この記事を活用して、丸暗記英語から脱却していきましょう。

鬼塚英介