丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【英語】二重否定をわかりやすく解説します【by 現役英語講師】

【1】二重否定

結論から言うと、二重否定は「〜しないことはない」となるので、要するに「〜する」って意味です。

<否定×否定=【肯定】の強調>

論より証拠ということで、例文で確認しましょう。

例 There was nobody who did not eat it.

「それを食べなかった人はだれもいなかった」

二重否定になっていますね。要するに肯定の強調なので…「それをすべての人が食べた」って意味です。

もうひとつ、例文を見ていきましょう。

例 It is not unnatural for him to go to the party.

「彼がパーティーに行くのは、ごく自然だ」

直訳すると「不自然ではない」ですが、要するに「ごく自然だ」って意味ですよね。

例 Nothing is impossible if you have many friends.

「多くの友達がいれば、不可能なことはない」

Nothing is impossible の部分が二重否定になっていますね。

直訳は「不可能なことはない」です。要するに「なんでも可能だ」ってことですね。

このように、<否定×否定=【肯定】の強調>になるんです。

・never〜without … ing

〈never〜without … ing〉で「〜すれば必ず…する」って意味になります。

直訳は、「…することなしに〜することはない」になります。
要するに、「〜すれば必ず…する」って意味になりますよね。

例 They never meet without quarreling.

「彼らは会うと必ず口喧嘩をする」

直訳は「口喧嘩することなしに会うことはない」→「彼らは会うと必ず口喧嘩をする」になります。

〈never〜without … ing〉は、〈never〜but…〉で書き換えることができます。

never〜without … ing=never〜but…

先の例文は次のように言い換えることができます。

例 They never meet without quarreling.

=They never meet but they quarrel.

なぜ、never〜but…でこのような意味になるのか?

これはあくまで自分の予想ですが、butには「以外」って意味があるからだと思います。

「彼らは決して会わない。口論する以外では」

「彼らは会うと必ず口論する」

もうひとつ、例文を見て見ましょう。

例 I never see him but I think of his father.

「彼を見ると必ず彼の父親を思う」

・no doubt

no doubtで「疑いなく、きっと」って意味です。

例文で確認してみましょう。

例 No doubt he will succeed.

「きっと彼は成功するだろう」

それでは、二重否定に関しては、ここら辺で終わりにしましょう。

【2】☆ まとめ ☆

・<否定×否定=【肯定】の強調>

・never〜without … ing:「〜すれば必ず…する」

・never〜without … ing=never〜but…

・no doubt:「疑いなく、きっと」

英文法の記事一覧