丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【英語】部分否定と全体否定を簡単に解説します【by 現役英語講師】

【1】部分否定とは

結論からいきましょう。

〈not+強い形容詞/副詞〉で、部分否定「〜とは限らない」になります。

not+強い形容詞/副詞=部分否定「〜とは限らない」

強い形容詞/副詞というのは、たとえば次のようなものです。

・not always:「いつも〜とは限らない」

・not necessarily:「必ずしも〜とは限らない」

・not completely:「完全に〜とは限らない」

・not all:「すべてが〜とは限らない」

・not every:「すべてが〜とは限らない」

・not both:「両方が〜とは限らない」

どれも「全く」とか「必ず」とか「完全に」とか強い意味を持っていますよね。

では、1つ1つ例文で確認していきましょう。

・not always

not always で「いつも〜とは限らない」って意味になります。

例 I’m not always busy.

「私はいつも忙しいとは限らない」

間違えても、「いつも忙しくない」って訳さないでください。全く意味が異なってきますからね。

・not necessarily

not necessarily で「必ずしも〜とは限らない」って意味の部分否定になります。

例 That is not necessarily true.

「それが必ずしも真実とはかぎらない」

「必ず真実ではない」と訳さないように注意してください。それだと全体否定になってしまいますからね。

・not completely

not completely で「完全に〜とは限らない」って意味の部分否定になります。

例 We cannot understand others completely.

「私たちは他人を完全に理解できるとは限らない」

・not all

not all で「すべて〜とは限らない」って意味になります。

Not all children like apples.

「すべての子供がリンゴが好きだとはかぎらない」

しつこいですが、「すべての子供がリンゴが好きではない」って訳したらダメですよ。

・not every

not every で「すべてが〜とは限らない」って意味になります。

例 He doesn’t know everything about it.

「彼はそれについてすべてを知っているとは限らない」

・not both

not both で「両方が〜とは限らない」って意味になります。

例 I don’t like both of them.

「私は両方が好きとは限らない」

以上、not+強い形容詞/副詞で部分否定「〜とは限らない」になります。

【2】部分否定の例外

部分否定【not+強い形容詞/副詞】には例外があります。

部分否定の例外
not + any / at all / in the least /either

全体否定「全く~ない」

では、ひとつひとつ例文で確認していきましょう。

・not + any

not + any で「全く〜ない」って意味で全体否定になります。

例 I don’t know anything about it.

「私は、それについて全く知りません」

「すべてを知っているとは限らない」って訳したらダメですよ。

・not+at all

not at allで「全く〜ない」って意味の全体否定になります。

例 I don’t understand it at all.

「私は全くそれを理解できない」

・not+in the least

not in the least で「全く〜ない」って意味の全体否定です。

例 I am not in the least happy.

「私は少しも幸せじゃない」

・not+either

not either で「全く〜ない」って意味の全体否定になります。

例 I don’t like either of them.

「私は、それらの両方とも好きではない」

not either =neither なので、そこから考えれば、全体否定になるのも納得いくと思います。

以上、not + any / at all / in the least /either は部分否定ではなく、全体否定「全く~ない」になります。

・Twitterで問題を出してみたところ...

パンダ君
パンダ君
解答は上記のTwitterをクリックしてみてください。

【3】部分否定の注意点

最後に部分否定の注意点を挙げていきます。ざっと、箇条書きすると次の通りです。

・not always と always not の違い

・not bothと not either の違い

・not every と not any の違い

ひとつひとつ説明していきますね。

・not always と always not の違い

結論から言うと、部分否定はあくまで、「not+always」なんです。これが「always+not」の順番になると部分否定になりません。

次の英文の違いを考えてみてください。

⑴ I’m not always busy.

⑵ I’m always not busy.

⑴は、not+always なので部分否定でしたね。よって、「私はいつも忙しいとは限らない」って訳になります。

一方、⑵は always+not の順番なので、部分否定にはなりません。よって、「私はいつも忙しくない」って意味になるんです。

⑴ I’m not always busy.
「私はいつも忙しいとは限らない」

⑵ I’m always not busy.
「私はいつも忙しくない」

このように部分否定はあくまで「not+always」の順番である必要があります。

理由は、「notは常に右側を否定するから」なんです。

〈not always busy〉だと、not は always busy を否定するんです。つまり、「いつも忙しい…わけじゃない」って感じです。

一方、〈always not busy〉だと、not busyで「忙しくない」となり、それがいつもなんです。つまり、「忙しくない…いつもね」って感じです。

もう一つ、具体例を挙げましょう。

Not all children like apples.
「すべての子供がリンゴが好きだとはかぎらない」

All children don’t like apples.
「すべての子供がリンゴが好きではない」

⑴は「not + all」なので部分否定です。一方で⑵は「 all + not」なので部分否定ではありません。

・not bothと not either の違い

not both は原則通り、部分否定ですが、not either は例外で全体否定でしたね。

⑴ I don’t like either of them.
「私は、それらの両方とも好きではない」

⑵ 例 I don’t like both of them.
「私は、それらの両方が好きとは限らない」

このように似ているようで意味は全く異なるので、注意が必要ですね。

・not every と not any の違い

not every は原則通り部分否定で、not anyは例外的に全体否定でしたね。

⑴ I don’t know everything about it.
「私は、それについて全て知っているとは限らない」

⑵ I don’t know anything about it.
「私は、それについて全く知らない」

このように似ているようで意味は全く異なるので、注意が必要ですね。

【4】まとめ

・not+強い形容詞/副詞=部分否定「〜とは限らない」

・not + any / at all / in the least /either =全体否定「全く~ない」

・not always と always not の違いに注意

・notは常に右側を否定しにいく

英文法の記事一覧