丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
TOEIC

【TOEIC公式問題集】リスニングの勉強法を解説【by英語講師】

「TOEICの公式問題集を使って、リスニングの勉強をしたいです。でも、効果的な勉強法がわかりません。だれか教えてください。」

こういう疑問に答えます。

本記事の内容

・TOEIC公式問題集のリスニングの勉強法

・TOEICの試験の性質

この記事を書いている僕は、英語講師として10年以上指導。
現在も「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに勉強・発信しています。

【1】TOEIC公式問題集のリスニングの勉強法

まずは、TOEICの最新の公式問題集を購入してください。少し高めですが、いわば過去問みたいなものなので、TOEICの勉強には必須の教材です。

まずは、最新の公式問題集の1回分を次の手順で解いていきます。

① 本番と同じ制限時間で解く

② 時間無制限で解き直す

③ 答え合わせ

答え合わせのところで、きっちりと解説を見ながら、間違えた箇所を中心に理解していきます。

おそらく、この過程で10時間くらいは覚悟した方がいいかもしれません。もちろん、この勉強法は、現状の英語力によっても変わってきますが、これだけで1日はつぶれると思います。

【2】リスニングの勉強法(5パターン)

一般的に、リスニングの勉強法は次の5つがあります。

・リスニング:音声を聞く

・ディクテーション:聞こえてくる音声を書き取る

・リピーティング:音声を止めながら、聞こえてくる音声を発音する

・オーバーラッピング:英文を見ながら、聞こえてくる音声と同時に発音する

・シャドーイング:英文を見ないで、聞こえてくる音声に少し遅れながら発音する

1つ1つ、それぞれの勉強法を解説していきますね。

・リスニング

リスニングは名前の通り、ただ聞くだけではあります。

ポイントとしては、しっかりと聞き取れるまで聞くことです。

というのも、多くの人が一回だけ聞いて、すぐに答え合わせをしてしまいます。それだと、何が聞き取りづらかったのがわかりません。

何度も何度も聞くことで、聞き取れない箇所を明確にしていき、改善していくことが大切です。

・ディクテーション

ディクテーションは、聞こえてくる音声を、一字一句、書き取ることです。正直言ってしんどいです。

でも、これをする事で、どの音声が聞き取れていて、聞き取れないのかが明確になります。

・リピーティング

音声を止めながら、聞こえてくる音声を発音する方法です。

これに関しては、正直、僕的には、やらなくて良いかなぁと思います。というのも、一回一回、停止したり再生したりするのは、かなりしんどいです。

たしかに、リピーティング用の教材として、音声が、ポーズしてくれる機能があれば活用できます。

でも、TOEIC公式問題集の音声には、そのような機能はありません。

ですから、少なくとも、TOEIC公式問題集を使って、リスニングの勉強をするならば、「リピーティング」は省いた方が良いです。

・オーバーラッピング

英文を見ながら、聞こえてくる音声と同時に発音する方法です。

コツは次の通りです。

・音声の人になりきる

・リズムや発音や強弱を完全に真似る

こうすることで、自然と英語の場面を想像したり、英語のリズムなどが身体に染み込んできます。

・シャドーイング

英文を見ないで、聞こえてくる音声に少し遅れながら発音する方法です。

はっきり言って、初心者の人には難しいです。

一般的には、声を出すよう指導されますが、そこまでやらなくても構いません。唇だけ動かすだけでも問題ありません。それで十分に効果は出ます。

ですから、特に初心者の方は声を出せるまでやっていると、前に進みませんから、唇を動かすだけでも構いません。

そうすれば、外で歩いているときなどでも、実践できるので、おススメです。

【3】TOEIC公式問題集のリスニングの勉強法(復習編)

先に説明したリスニングの勉強法は、TOEIC公式問題集で活用していきましょう。

TOEICでは、Part1〜4がリスニング問題です。
それぞれの問題はざっくりと次のような感じです。

・Part1:写真描写問題

・Part2:応答問題

・Part3:会話問題

・Part4:説明文問題

1つ1つ勉強法も含めて、解説していきますね

・Part1:写真描写問題

1枚の写真を見ながら、4つの英語音声を聞き、写真に最もあっている選択肢を選びます。

[勉強法]
① リスニング (完全に聞き取れるまで何度も聞く)

② ディクテーション(一字一句、もう聞き取れないという限界までやる)

③ 答えあわせ

・Part2:応答問題

短い英文を聞いた後に、その英文の返答を3つ聞きます。その中から適切なものを選びます。

[勉強法]
Part1と同じです。
①リスニング(完全に聞き取れるまで何度も聞く)

② ディクテーション(一字一句、もう聞き取れないという限界までやる)

③ 答えあわせ

・Part3:会話問題

2〜3人の英会話を聞いた後に、設問に答える問題です。

[勉強法]
①リスニング(完全に聞き取れるまで何度も聞く)

② 答えあわせ

③ オーバーラッピング

④ シャドーイング

・Part4:説明文問題

1人の人物のスピーチの後に、設問に答える問題。

[勉強法]
Part3と同じです。
①リスニング(完全に聞き取れるまで何度も聞く)

② 答えあわせ

③ オーバーラッピング

④ シャドーイング

以上、基本的に、このようにやっていけば確実にリスニング力がついていきます。

あとは、スキマ時間にひたすら聞きまくることが大切です。
ただ聞いているだけだと、聞き流してしまいがちなので、できればシャドーイングをしながらが理想です。

【4】公式問題集以外のおススメ教材

TOEICは「パターン」の試験と言われています。

TOEICはビジネス英語です。ある程度、出るパターンが決まっています。

そして、このパターンを知っていると、リスニングするのも、ずっと楽になります。
なんせ、次の展開が予想できますからね。

もちろん、TOEIC公式問題集を繰り返しやることで、自分でパターンをあみだすことは可能です。

でも、それはあまりにも時間とエネルギーがかかります。費用対効果が悪いです。

そこで、おススメしたいのが「スタディサプリTOEIC」というアプリです。

【スタディサプリ ENGLISH】


このアプリでは、「パターン別」に講義が進んでいき、自然とパターンが身体に染み付いていきます。ぜひ、興味のある方は、次の記事をご参照ください。

【初心者必見】スタディサプリTOEICの完全マップ【徹底解説】スタディサプリTOEICの内容を知りたくありませんか? 本記事では、現役予備校講師によってスタディサプリTOEICの内容を明らかにしていきます。 スタディサプリTOEICの内容を知りたい人は必見です!...

【5】さいごに

以上、「TOEIC公式問題集のリスニングの勉強法」について解説していきました。

リスニングの勉強法はたくさんありますが、各Part別に、工夫して実践することで効果が出てきます。

ぜひ、TOEIC公式問題集を利用して、リスニング力を向上させてください。

公式TOEIC Listening & Reading 問題集 5

新品価格
¥3,240から
(2019/7/2 14:12時点)