丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【TOEIC対策】多義語figureの意味は?

【0】動画で解説

【1】TOEICに出るfigureの意味は?

結論から言うと、次のとおり。

[figureの意味]

・人物

・数字

・理解する(figure out)

上記のとおり。

パンダ先生
パンダ先生
覚え方は、フィギュアスケートから『人物』を。そして、「身長185cm、体重71kg…」などの『数字』から、その『人物』がどんな姿形をしているのか『理解する』ことができる。

では、それぞれ例文で確認していきましょう。

・人物

He was a famous sports figure when he was young.
(彼は若い頃、有名なスポーツ選手だった)

パンダ先生
パンダ先生
他にも、key figure(重要人物)、prominent figure(目立つ人)などの形で出てくるよ。

・数字

This figure shows sales growth over the last decade.
(この数字は、ここ10年間の売上増加を示している)

パンダ先生
パンダ先生
他にも、sales figures(売上数)やestimated figures(見積もり額)などの形で使われるよ。

・理解する(figure out)

Can you figure out how to do it ?
(どうすればいいのか、わかりますか?)

パンダ先生
パンダ先生
これは、figure outという形で使われるよ。outは「外へ」って意味なので、「考えて見つけ出す」→「理解する」だよ。

・figureの他の意味は?

一応、最後に、上記以外のfigureの意味を確認しておくと、「姿」「図」「思う」などがあります。

パンダ先生
パンダ先生
基本的にはTOEICでは、最初に挙げた3つを覚えておけば大丈夫だよ。

【2】☆ まとめ ☆

[figureの意味]

・人物

・数字

・理解する(figure out)

以上、多義語figureについて解説していきました。基本的には英単語を覚えるときは「英単語→日本語1つだけ」で良いです。でも、こういった多義語は問題で問われやすいこともあるので、こういう多義語だけは、しっかりと覚えるのが良いですね。

鬼塚英介