丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【問題】problem / matter / issue / trouble / question / challengeの違いは?

オオカミ君
オオカミ君
 problem / matter / issue / trouble / question / challengeは、全部、「問題」って訳せるけど、なんか違いがあるのかなぁ?

パンダ君
パンダ君
うん、それぞれちょっとした違いがあるんだ。今日はその違いを徹底解説していきましょう。

【1】「問題」の違い

一言で言うと次のとおり。

・problem:困った問題

・matter:事柄

・issue:議題

・trouble:困り事

・question:質問

・challenge:課題

では、ひとつひとつ例文を使って解説していきます。

1-1.problem:困った問題

Japan has a problem of declining birthrate.
(日本は少子化の問題を抱えている)

解決策がある解決すべき問題に使われます。個人の問題というよりも、誰から見ても困った問題です。

パンダ君
パンダ君
ちなみに、可算名詞なので、a problemや problemsなどのように使われます。

1-2.matter:事柄

It’s a matter of time.
(それは時間の問題だ)

matterは、problemと異なり、主に個人的に重要と考えられる「事柄、問題」の場合に使われます。また、matterは「事柄」を表すだけなので、必ずしもネガティブな意味を表しません

パンダ君
パンダ君
matterは動詞で「重要である」って意味もあるよ。ここからもmatterは必ずしも「ネガティブな問題」じゃないことがわかります。

1-3.issue:議題

Let’s move on to the environmental issue.
(環境問題に移りましょう)

issueは社会問題や政治問題など多くの人々に関わる議論の対象となる問題に使われます。problemよりもネガティブなイメージは弱めです。

パンダ君
パンダ君
ディベートで扱うような問題のことだね。

1-4.trouble:困り事

What is the trouble with you?
(何か困ったことがありますか?)

troubleはproblemと違い、個人的かつ直接的な問題について使われます。

パンダ君
パンダ君
troubleは不可算名詞です。have trouble in doing(〜するのが難しい)っていう慣用表現を見れば明らか。

1-5.question:質問

Answer the following questions.
(次の質問に答えてください)

questionは答えがはっきりしている問題に使われます。試験問題やクイズなどで使われます。

1-6.challenge:課題

This is a big challenge for him.
(これは、彼にとって大きな挑戦だ)

challengeは難しいけど、やりがいのある課題って意味で使われます。前向きなイメージがある単語です。

パンダ君
パンダ君
動詞のchallengeは「挑戦する」って意味の他に「異議を唱える」って意味もあります。

【2】☆ まとめ ☆

・problem:困った問題

・matter:事柄

・issue:議題

・trouble:困り事

・question:質問

・challenge:課題

では、ここでおしまいにします。(`・ω・´)ゞ

ここまで読んで頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、興味のある方は鬼塚英介(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。

パンダ君
パンダ君
これからも、鬼塚英介を応援してね