丸暗記英語からの
脱却。
現役英語予備校講師ブログ
英語

【前置詞 with 】コアイメージから考える必殺技!【英熟語一覧あり】

【1】前置詞withのコアイメージ

前置詞withのコアイメージは『ともに』です。

withのコア=「ともに」

このコアイメージから次の7つの意味に派生していきます。

〈核心から派生した意味〉

①ともに(コアイメージ)

②道具

③関連

④対象

⑤原因

⑥付帯状況

⑦with+抽象名詞

では、ひとつひとつ見ていきましょう。

① ともに(コアイメージ)

これは、そのままコアイメージの「ともに」です。

例 I live with my parents.
 「私は両親と住んでいます」

[英熟語一覧]

□agree with∼(∼に同意する)
□argue with∼(∼と口論する)
□be confronted with∼(∼に直面する)
□be faced with∼(∼に直面する)
□be identical with〜 〜と同一である
□coincide with∼(∼と一致する)
□come up with∼(∼を思いつく)
□compete with∼(∼と競争する)
□contend with∼ (∼と戦う・議論する)
□correspond with∼(∼と一致する)
□end up with∼(∼で終わる)
□fight with∼(∼と戦う)
□get along with∼(~とうまくやっていく)
□go with∼(∼と調和する)
□have a quarrel with∼(∼と口論する)
□have words with∼ (∼と口論する)
□identify with∼(∼に共感する)
□identify A with B(AをBと同一視する)
□keep company with∼(∼と交際する)
□keep pace with∼(∼に遅れずについていく)
□make friends with∼(∼と仲良くなる)
□stay with∼(∼の家に泊まる)
□sympathize with∼(∼に同情する)
□tie up with∼(∼と提携する)

② 道具

「ともに持っているもの」というところから「道具のwith」へと派生します。

例 cut meat with a knife
 「ナイフで肉を切る」

[英熟語一覧]

□be covered with∼(∼でおおわれている)
□be filled with∼(∼でいっぱいである)
□charge人with∼(人を∼の罪で責める)
□cover A with B (BでAを覆う)
□equip A with B(BをAに備え付ける)
□fill A with B(AをBで満たす)
□furnish A with B(BをAに備え付ける)
□help A with B(AがBするのを手伝う)
□load A with B(AにBを積む)
□present A with B(AにBを贈る)
□provide A with B (AにBを供給する)
□replace A with B(AをBに切り換える)
□supply A with B (AにBを供給する)

③ 関連

ともにいればさまざまなかかわりが生じ、「関連」の意味に派生していきます。

例 He has a problem with money.
 「彼はお金のことで問題を抱えてる」

[英熟語一覧]

□associate A with B(AをBと結びつけて考える)
□be acquainted with∼(∼と知り合いである)
□be concerned with∼(∼に関係している)
□be wrong with〜 〜の調子が悪い
□compare A with B(AとBを比べる)
□connect A with B(AをBと結びつける)
□correspond with∼(∼と文通する)
□have anything to do with∼ (∼と関係している)
□have little to do with∼(∼とほとんど関係がない)
□have much to do with∼(∼と大いに関係がある)
□have nothing to do with∼(∼と関係がない)
□have something to do with∼(∼と関係している)
□relate A with B(AをBと関連づける)
□share A with B(AをBと共有する)

④ 対象

ともにいればさまざまなかかわりが生じ、「対象」の意味に派生していきます。

例 He is strict with his children.
 「彼は子どもたちに対して厳格だ」

[英熟語一覧]

□be angry with∼ ∼に腹を立てている
□be familiar with~ ~をよく知っている
□be through with∼(∼を終える)
□catch up with∼(∼に追いつく)
□cope with∼(∼を扱う)
□deal with∼ (∼を扱う)
□dispense with∼(∼なしですます)
□do away with∼(∼を廃止する)
□do with∼ (∼を扱う)
□find fault with∼(∼のあら捜しをする)
□interfere with∼(∼を邪魔する)
□keep pace with∼(∼に遅れずについて行く)
□keep up with∼ (∼に遅れずについて行く)
□meet with∼(∼に出くわす)
□put up with∼(∼を我慢する)
□part with∼(∼を手放す)
□shake hands with∼(∼と握手する)

⑤ 原因

ともに近くにいることで、それが何らかの「原因」になりうる。

例 He ran away with fear.
「彼は、恐怖で逃げた」

[英熟語一覧]

□be busy with∼(∼で忙しい)
□be content with∼(∼に満足している)
□be impressed with∼(∼に感動している)
□be pleased with∼(∼に喜んでいる)
□be satisfied with∼(∼に満足している)

⑥ 付帯状況

付帯状況のwithは「with+O+C」の形で「そして~」「〜しながら」を意味します。

例 Don’t speak with your mouth full.
 「口の中をいっぱいにして話すな」

[英熟語一覧]

□with one’s eyes closed目を閉じて
□with one’s arms folded腕を組んで
□with one’s legs crossed足を組んで
□with one’s leg broken足を骨折して

⑦ with+抽象名詞

〈with + 抽象名詞 = 副詞〉です。

I solved this problem with ease.
= I solved this problem easily.
(私は簡単にこの問題を解決しました)

[英熟語一覧]

□with ease=easily「容易に」
□with care=carefully「注意深く」
□with fluency=fluently「流ちょうに」
□with precision=precisely「正確に」
□with courage=courageously「勇気を持って」
□with accuracy=accurately「正確に」
□with kindness=kindly「親切に」

【2】おわりに

以上、「前置詞with」をコアイメージ「ともに」から説明してきました。

前置詞を苦手にしている人は多いです。それもそのはず。こういう人は、前置詞の複数の意味を全く関連なく丸暗記しようとしています。

でも、それは非効率です。

今回紹介してきたように、前置詞は1つのコアイメージから考えることができます。
その核心から意味が派生しているだけです。

こうやって理屈から理解していけば、もっと効率よく覚えれるし、応用も効きます。なによりも楽しいです。

今後も、「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに勉強・発信していきます。ぜひ、他の記事もご覧ください。

では、ここでおしまいにします。(`・ω・´)ゞ

ここまで読んで頂きありがとうございます。普段から予備校・ブログで「丸暗記英語からの脱却」をコンセプトに指導・発信しています。新しい情報に関してはTwitterで確認ができますので、興味のある方は鬼塚英介(@Englishpandaa)をフォローして確認してみてください。

パンダ君
パンダ君
これからも、鬼塚英介を応援してね